売れる文章を書くコツご存知ですか?


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝しております!

あなたは“売れる文章”ってどんなものだと思いますか?

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

流れるような文章?
心を打つ文章?
文学的表現の文章?
上手い文章?

まぁ、どれもあるに越した事はないですが
これだけでは売れる文章にはなりません。

コピーライティングという言葉をご存知でしょうか?

コピーライティングとは
「文章の力で人を行動させる技術」
だと私は考えています。

人を行動させるには人間の心理の理解や
商品サービスの理解のふたつ側面は欠かせません。

有名な経営コンサルタントの神田昌典さんが
この言葉を使い一気に有名なものになった記憶があります。

そして、インターネットやリアルでもこの
コピーライティングという技術は今や不可欠な
技術と言われるようになりました。

あなたがある商品を売るとします。

文字の一切ない写真だけの広告(音もなし)と
文字だけの広告。
どちらが売れるでしょうか?

これは少し乱暴な話だったかもしれませんね。
でも人は最終的には文字=文章で認識をします。
文章無しで人を行動させるのは極めて難しい事なのです。

コピーライティング関連の本や講座などたくさんあります。
あなたも購入してみるといいです。

私もいくつか購入した経験があるのですが・・・
これで習得できるのかな??
と疑問になるものが多いです。

私の出来が悪い事もありますが・・・(^_^;)

文章を書く前に大事な事がたくさんあります。
リサーチやペルソナの決定など・・・

でもそれよりも前に必要な事があると思うんです。
それは・・・

気合です!

売るぞ!
ではなく
伝えるぞ!

という気持ちの気合!

これがメラメラ燃えるように
無ければ上辺のテクニックが網羅された
極めて機械的な文章が生産される事になります。

そんな気持ちを伝えるにはどうしたらいいでしょう?

私は書く環境がとても大事に思います。
集中できて湧き上がる感情を文字にするための場所。

時間帯は朝早くが良いです。
夜に向かえば向かうほど人はネガティブに
なるからです。

明るい人のところに人が集まるように
文章の暗い人のところには誰も集まりません。
夜や深夜は心が内向きになるので明るい
パワフルな文章はなかなか書けないはずです。

それとこれも大事な事なのですが
自分の思いを伝えようという気迫!
これも大事だと思います。

別に気迫といっても攻撃的になる必要はありません。

自分の心の中で
“最高の自分の文章を書こう!”
という決意みたいなものです。(^_^)

ここまで書いて「売れる文章」を書くのは結構
大変な作業なんだな・・・
と思い直しました。

でもよく言われているとおり

「誰に」を具体的に具体的に考えさえできれば
あとは書く時間帯を考え気迫をこめて
最高の自分の文章を書く決意をする事です。

何だか日本語がおかしい部分もありましたが
とにかくハート第一でアツく書く!
売れる文章を書くためにこれに勝るののは無いです(^_^)

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です