自己流は最も避けるべき事


んにちは。
新垣覚です。

この前、
小4のウチの息子が“ほか弁”を食べていたのですが
笑ってしまいました。

チキン南蛮弁当って写真のように2つの入れ物に分かれています。

nan3

ご飯だけの皿とおかずの皿。

で、何がおかしかったかというと
ウチの息子はまずご飯だけ食べてその入れ物を空けているのです。

そして次はおかずの皿を。

あっ、もちろん家庭では交互に食べる事は教育してますよ。

でも息子は必死になってご飯だけ食べているのです。

“なんでそんな食べ方をするの?”
と質問すると・・・

“チキン南蛮はめっちゃくちゃ好きなのでそれだけ味わいたい”
との返事。

あぁ、子供らしいなぁと
余計におかしくなりました。

でもこれって『自己流』の極地だよな~
と思いました。

マナーが必要な場所でこんな食べ方はNGです。
本人が恥をかく事になるでしょう。

これは食事だけの話ですがこれが
習い事やビジネスになると様相が変わってきます。

自己流=自分の好きな事だけやる
です。

だからバランスが悪いんですね。
自分の負得手な事や出来ない事はどんどん後回しになります。

すると少しづつ基礎に穴ができます。
いつしかその穴から水漏れを起こし
どうにもならなくなります。

スポーツは一番分かりやすいです。
例えば自己流でテニスを始めたとします。
結果が出ているうちは良いですが

成績が下がるとさらに自己流の練習を繰り返すと
どんどん悪化していきます。

崩れたフォーム、崩れたタイミング・・・
ここまで来るともう大変です。

ビジネスにおいてはある時は自己流の勢いも必要だと思います。

でも早い時点でメンターや先輩について

・正しいやり方
・正しい考え方

つまり原理原則を学ばなければか確実にジリ貧になります。

結果を出しているスポーツ選手でコーチをつけずに
独学で結果を出している人は本当に少ないです。

楽な方向についつい進んでしまう弱い自分に打ち勝つには
厳しくとも誰かに師事するのが安全な道です。

ぜひこのシンプルな原理原則は覚えておいて下さい (^_^)

ほか弁を見る度にこの話を思い出して下さい!

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です