汗だくの中学生を抱えた時思った事


 

こんにちは。
夢実現コンサルタントの新垣覚です。

 

 

先日、娘が通う中学で長距離走大会がありました。

 

 

父兄としてお手伝いしたのですが
その時に感じた事があったので今日はあなたにもお伝えします。

 

 

中学生の長距離走といってもみんな全力で走るので
テレビ中継のマラソンのみたいに駆け込んできてそのままぶっ倒れる子もいます。

 

dominoes-719199_640

 

ただ続々とゴールする選手がいるのでそのまま倒れていては危ないです。

 

 

 

それで私達、父兄が両脇をかかえて離れたところまで
運んであげるのですが

 

 

走ってきたばかりなので汗だくなんです。
汗だく中の汗だく(苦笑)
返り血ならぬ返り汗でこちらもびしょ濡れになってしまいます。

 

213

 

普通なら触れたくもないのですが
状況が状況なだけにそんな事は考える事すらせす
子どもたちを抱え続けていました。

 

 

その時の気持ちはとにかく子供の事しか考えていません。

こんなにピュアな気持ちになる事ってそんなにないです。

あなたは笑うかもしれませんが・・・・

人の子も自分の子も分け隔てなく必死になる事ってあまりないはずです。

 

?

 

翻って考えた時、お客様に対してこれくらい打ち込んで考えているかなぁ・・・
と反省してしまいました。

 

 

もちろん全力で対応しているつもりなのですが
前述のようピュアな気持ちで対応しえているか?
考えた時、少し自信がなくなりました。

 

 

 

脇目もふらずに常にお客様の立場になって考え続ける!
自分はまだ足りなかったなぁ。

 

 

 

今日から再スタートします。
私と関わる全てのお客様に新垣は超全力でいきます!

アツ過ぎても逃げないで下さいね (^_^;)

 

 

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

 

 

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。