起業家のぐちゃぐちゃになった頭の中を整理する方法


 

こんにちは。
10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしているととにかく考えることだらけです。考えることが多いと、何かを忘れたり、判断ができなかったり、悩みが多くなったり、考えることが難しくなったりします。

 

このような状態はストレスになったり、プレッシャーになったりすることが多いです。このような状態になるとビジネスがうまくいかなくなったりトラブルに見舞われることもあります。

 

今回はぐちゃぐちゃになった頭の中を整理する方法をお伝えします。

 

とりあえず紙に書き出す

ぐちゃぐちゃになった頭の中を整理する方法として最もシンプルで手軽にできることとして「とりあえず紙に書き出す」ということがあります。

 

 

裏紙でもチラシの裏でもいいのでとにかく書いてみると言うことが大事ですです。書くことに決まりはありません。とにかく頭の中に浮かんだものを手を動かして紙に書き出す事をやっててください。

 

時には意味不明な言葉だったり、つぶやきだったり、思いもよらないことだったりと、書いているあなたが驚くことがあると思います。

 

私はこのような言葉たちを「頭の中のガス」と考えています。このガスが溜まりすぎると頭の中がパンパンになり、ただでさえ考えることが多い起業家の頭の中はぐちゃぐちゃになってしまうのです。

 

誰でもすぐにできることとしてこの紙に書き出すという事は本当に有効です。書き出してくるとだんだん思考が整理されていくのがわかると思います。

 

意味不明な単語だったものが、だんだん文章になったり図表になったりと頭の中にあるものが紙に写し出されていきます。

 

今頭の中がぐちゃぐちゃになっている人はまずこの方法を試してみてほしいと思います。ただ、いろんな場所でこの方法をオススメしているのですが意外にもまだやったことがないと言う人が圧倒的に多いです。少しもったいないなぁと思います。それくらいにシンプルですが頭の中を整理するには有効な方法です。

 

付箋紙に書き出す

先ほどは何でもいいのでとりあえず紙に書き出すと言うことをお伝えしましたが、それの派生版として付箋紙を使うのも大変有効です。

 

私は起業前から含めるともう13年位,付箋紙を用いて頭の中を整理する方法を取り入れているのですが、これは特にビジネスのフィールドで役に立ちます。

 

 

先ほどお伝えした紙にとりあえず書くと言う方法は、ビジネス以外のプライベートなことやその他諸々にも使えるのですが、この付箋紙に書き出すという方法はぜひビジネスでの事で頭がぐちゃぐちゃになったときに使ってほしいです。

 

特に決まりなどはありませんが、付箋紙はあまり大きいものでないほうがいいと思います。1.5センチ× 5センチメートル位の一般的などこにでもある付箋紙がありますがこれくらいのサイズがお勧めです。

 

そして1つの付箋紙には複数のネタを書かず1つのネタだけ書くと言うことが大事です。例えば、あなたが新しい商品サービスの企画に迷っているとすれば、伏せ字に新しい商品サービスのアイディアが出るには頭1枚描いて、そのアンサーになるものをまた別の付箋紙に1つ書くと言うような感じで1つの伏石には1つの意味合いだけ持たせると言うことが大事です。

 

何故かと言うと、付箋紙はご存知の通り何度も貼ったり外したりすることができるので、例えば先程の例のように出てきたアイデアを他のアイデアをまとめるノートなどに移行したり、手帳に貼ったりと移動して使うことができるからです。

 

これは余談ですが個人的には薄い色の布生地を使うことをお勧めします。時々100円均一なので売っている付箋紙はかなり色が濃ゆかったり、派手なものもありますが、これらに文字を書くと読みにくい事があります。

 

また派手な色だと見返すときに文字よりも先に色が気になってしまい、書いてることの印象が薄くなっるような気がします。好みもあるのでマストではありませんが参考にしてください。

 

手帳やノートを活用する

これは当たり前にされている方が多いと思いますが、ぐちゃぐちゃになった頭の中を整理するには手帳やノートを活用することもお勧めです。

 

これは先輩起業家から教えてもらったのですが、いろんなところに書くのではなく1冊の手帳や1冊のノートに書くと言う習慣も大事だそうです。あちこちに書くと思考も散らばってしまうのが問題だと言うことでした。

 

最近は手帳もいろいろな種類があります。手帳だけで頭の中を整理できるものがあったり、アイデアを出しやすくするものだったりさらにブラッシュアップできたりといろいろな機能のものがあります。

 

 

ぜひあなたに合った手帳を選んでほしいと思います。また、ノートの使い方のノウハウも今はいろいろあります。特に、ノート一冊でアイディア出しや思考の整理などいろいろできるノウハウが書かれた本が書店に行くとたくさん売られています。

 

受験生向きのノートの活用法も意外とビジネスに使えたりするそうです。私はノートの活用方法についてはあまり詳しくないのですが、普通の横線や無地のノートを使いましたが、方眼タイプのノートが使いやすかったです。

文字を書くにしても便利だし何か図表を書くときにも便利なのでノートは方眼タイプを好んで使っています。あなたはどのようなノートが好きですか?

 

マインドマップを使う

少し前まではマインドマップと言うと少し特殊な感じがしましたが今ではすっかり一般的になりました。

 

マインドマップは真ん中に中心になる概念を書いてそこから放射状に枝を伸ばして色々と思考を書き落としていく方法です。個人的には複雑なことを考えたり、頭の中でまとめられない時にマインドマップをよく使います。マインドマップも本家本元のトニー・ブザン氏が提唱した方法でも他の亜流の方法でもどちらでもでいいと思います。

 

マインドマップに関しては手書きが推薦されることが多いですが、私は字が下手なのと後で色々と修正ができるのでパソコンやスマートフォンで使えるアプリを使っています。無料で使えるマインドマップアプリもたくさんあるのでいちど調べてみるといいと思います。

 

 

マインドマップの良いところは、かなりの情報量を1枚の紙にまとめられると言うことです。最近サボっていますが本を読んだらそれをマインドマップにまとめると言うこともお勧めです。そうするとまた本を読み返すことなく、マインドマップを見ることで内容を思い出すことができるからです。これは記憶の定着や新たな発見などいろいろな効果があるのでぜひお勧めします。

 

また、マインドマップは「何を優先するべきか」など物事の優先順位が見えやすくなることも良い点です。また、ビジネスやプライベート趣味いろいろなことに関して使えるのでマインドマップのスキルはぜひ持っていたほうがいいと思います。

 

決断する回数を減らす工夫をする

今まではぐちゃぐちゃになった頭の中を整理する方と言う行為で書くことがメインでした。また、頭の中がぐちゃぐちゃになってきた時の事後的な対処法が多かったです。

 

少し角度を変えて頭の中が事前にぐちゃぐちゃにならないようにする方法として「決断する回数を減らす」ことをおすすめします。

 

私たちは1日に約35,000回決断をしているそうです。例えば朝起きるか?起きないか?という些細な事を決断するのもそのうちの1回に入っています。このように行動すること全てが決断につながっているので、見方を変えると私たちは決断の連続をずっとこなしていると言えます。

 

決断する回数を減らせば頭の中の余白が増えるので頭の中がぐちゃぐちゃになりにくくなります。

 

これは有名なエピソードですが、スティーブ・ジョブス氏はいつもとっくりセーターにジーンズと言う同じ格好していましたが、それは今日何を着るか?と言う決断をしないためにそうしてたと言うことです。

 

これは少し極端な例かもしれません決断する回数を減らすとすれば日常生活のいろんなことをあらかじめ決めておくことも大事です。もし、あらかじめ決められないのであれば誰かに決めてもらうと言うのも手だと思います。

 

私も家事をするのでよくわかるのですが、食事のメニューを考えるのは意外に骨が折れる作業です。これを考えるだけで頭の中がぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

ですから、1週間の献立をパートナーに決めてもらったり、あるいはレシピサイトで決めたりと自分であれこれ考えないようにすると言うことも頭をぐちゃぐちゃにしないコツだと思います。

 

人は面白いもので、これだけ1日のうちに何回も決断をしていると、最も重要なことに対する決断がどんどん後回しになっていきます。これはあなたも経験があるのではないでしょうか?ですからそのためにもまずは決断する回数を意識して減らす工夫をしておくと言う事は大事なことです。

 

どうでもいいような事は瞬時に判断してしまうと言う習慣も有効です。例えばお昼ご飯に何を食べるかというのは3秒以内に決めてみてはどうでしょうか?これは決断力を鍛えると言う練習にもなりますし、なんでも3秒で決断できるになると、ビジネスがうまくいくと言われています。

 

一度、あなたがどんなことに決断するのか時間がかかるか?紙に書き出してみるといいと思います。特に女性はお化粧やファッションで時間がかかると思いますが、それらをどのように時短ができるか考えてみるのも決断の回数を減らすことにつながると思います。

まとめ

今回はぐちゃぐちゃになった頭の中を整理する方法をお伝えしました。頭の中が日常的にぐちゃぐちゃになっていると、それに麻痺してしまうこともあります。

 

表現は悪いですが、ゴミ屋敷に住んでいても何とも思わないような人がいますがそれに少し似ていると思います。頭がごちゃごちゃしている状態は、ビジネスにおいては決して良いとは言えません。ですから意識をして頭の中を整理していく習慣を身に付けていくといいと思います。

 

頭の中を整理すると言う事は、習慣や生き方も良くすると思います。

 

今回お伝えしたことが少しでもあなたの頭の中の整理につながると嬉しいです。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【ラストチャンス起業家が広告や最新ノウハウを使用ずに売上を3,7倍にする方法】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?