なぜ人は失う事を恐れる?


んにちは。
新垣覚です。

あたりまえの事なんですが最近になって
ハッ!と気がついた事があります。

それは・・・

人は失う事を恐れているという事です。

お金を失ったり、
健康を失ったり、
若さを失ったり
友人を失ったり、
時間を失ったり、
機会を失ったり、
出会いを失ったり
道具を失ったり、
行く先を失ったり、

    etc・・・

失う事を恐れているがあまりに
そうならないように努力したり、準備をしたりします。

work-864960_640

そしてよくよく考えると人生の時間のほとんどを
失わないために生活してしまいがちになります。

なぜ失う事をこれほどまでに恐れるのか?

私が思うには
“人生は限りがある”だからだと思います。

それも想像以上にタイムリミットに向かい進んでいます。

もし人生が永遠なら少々のものを失ってもリカバリーできます。

だから何をするにしても

「時間がないんです」という言い訳は私はしたくないです。

それは魔法の言葉で口に出した時点ですべてが終わってしまうからです。
工夫や努力する術を自分で捨ててしまう事に等しいです。

town-sign-1158385_640

でも振り返ってみると「時間がないんです」という言葉で逃げている人がなんと多い事か!

エラそうに言っている私ですが、たまにはその魔力にやられそうになります。(苦笑)

でもすぐに気づけるから今では負ける事はありません。

“失う事を恐れる”
のは構わないと思います。

でもその想いを持ちつつも

“どうしたら自分らしい人生を送れるか?”
考えると尚、良くなると思います。

なぜか?
失うもので最高の価値があるのはお金や物なんかではなく時間だからです。

物事には両面があります。
善があれば悪があり、電気のプラスがあればマイナスがあります。
男がいれば女がいます。

失う事を恐れるのがひとつの面なら
自分の人生を自分らしく良いものにするか?

という考え方をセットにすれば今までは気がつけないものがたくさん見えてきます。

そしてそれらのものはいつも身近にあると気づきます。

あなたに感じてほしいのであえて抽象的な表現にしていますが
ぜひ、感じてほしいと思います。

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です