スタインバーガーベース


こんにちは。
新垣覚です。

今日は私の好きなベースについて書きます♪

スタインバーガーベース
と言っても若い方はピンとこないかもしれないですね。

ハンバーガーじゃないですよ!!

34

80年代は憧れのベースでした。

まずそのルックス!
ヘッドが無いという異常さ(笑)

そして超コンパクトなボディ!

これでまともな音出るの??
と思ったほどでした。

だって一般的にギターやベースって木で出来ているし

ボディの鳴りとかが求められます。

もしスタインバーガーの大きさでそのような
鳴りとか音が得られるなら今までの常識はどうなる?
と思ったものです。

でもスタインバーガーベースはヘッドレスという
デザインだけの楽器ではないんです。

ネックがグラファイトとカーボンを独自の比率で
ミックスさせた合成素材が用いられていました。

(現在はコストがかかり過ぎるからか?大半のモデルで、
樹脂や、カーボンによって強化されたメイプルネックが使用されている。)

だからネックの反りもなく、ロングサスティーンも得られるという事でした。
(実際はネックの反りはあったのか?トラスロッドが追加されたようです)

それに組み合わされたEMGピックアップが当時は眩しかったです。

だって普通のピックアップだと下手すりゃコイルが見えるものですが
EMGは弁当箱のようにツルンとしてました。

それがあのただでさえ独創的な
スタインバーガーベースに組み合わせれば・・・最強ですね!

80年代は様々なジャンルのミュージシャンが
スタインバーガーベースを使ってました。
最近は見ないので少し寂しいですね。

●個人的に好きだったJourneyのベーシストのロス・ヴァロリー

●一般人ですがスタインバーガーベースのサウンドの特徴出ています♪

今でも欲しい一本です。

出来ればフレットレス仕様で(苦笑)

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/無料相談はこちらから

こんな方法があったのか!
たったの数分間で
あなたの情報を検索上位に表示する方法

を無料公開中!詳しくはこちらをご覧ください♪


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です