ショッピングモールで気ままに遊ぶ子供


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝しております。

今とあるショッピングモール内のフードコートで書いています。

まだ、よちよち歩きの子供がテラスにつながる大きなドアを
開けようとしています!

外は強風なのでもし手を挟ままれたら大怪我をするでしょう。
ヒヤヒヤしながら見ているのですが親は何ら気にならない様。

今度は別の食事をしている客の席に行ってしましました。

連れ戻されてきたら今度は注文で並んでいる列に行ってしまいました。

小さい子なんで邪魔とかそんなんじゃないのですが
親は気にならないのだろうか?
というのが私の思った事です。

でもこれって私たちの生活の中でも似た事が起きています。

貧乏揺すりをする人がやたら気になる・・・
割には自分も貧乏揺すりしていたり。

音を立てながら食事をする人を気にする割には
自分も音を立てていたり。

あの子は挨拶しない!と憤慨していたら
自分の子も挨拶しなかったり。

ちょっと立場が変わるだけで感じ方がまったく違ってしまいます。

でもビジネスにおいてはこの立場を変えて考えるという事は大事です。

コンサルタントという仕事の8割はこの視点を変えて
観察するという事かもしれません。

bananas-652497_640

目の前にバナナがあったとします。
見る角度によっては長細かったり、丸かったりします。

これは事象でも同じです。
最悪な事は実は最高な事だってあるのです。

でもその事に気づけなかったらいつまでも
ドツボにはまった状態です。

そんな時オススメなのが複数人で話し合いをする事です。
ルールはひとつだけ。

批判したりダメ出ししたり否定したりしない!

これをやると同じ事柄でも見方によりこんなに変わるのか!
と驚く事があります。

それが時にはビジネスヒントになったり修正になったりします。
悪く作用する事はないです。

批判したりダメ出ししたり否定したりしない!
このたったひとつのルールを守れば!

ビジネスであれば同業より異業種の方がいいです。
お互い違う性別がいいです。
年齢差がある方がいいです。

落差の大きい意見ほど参考になります。
それはあなたが気づけていない事だからです。

自分でそんな場をもつのは難しいなぁ・・・
とお思いの方のためにお互いwin-winの関係で
グループで話し合いをする場を作ろうと思います。

リアルなのか?
スカイプなのか?
LINEなのか?
チャットなのか?
は分かりませんが。

思いつきですぐに告知するはずですので
その時はあなたもぜひ参加して下さいね!

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です