CIAが用いた会社転覆方法?


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝しています。

海外の人から見ると日本の
“会議”ってかなり異質なものに見えるそうです。

2232372216543312d95b6826970b601f_s

こんな事をこんな大人数で何時間もかけて
議論する必要があるの?

とか

全然前向きな意見や発展性のない状態の会議

とか

出来レースの会議

とにかく不思議な光景に見えるそうです。
日本人だって同じ考えです。
でも変えられないのはなぜでしょう??

とにかく会議は時間の無駄だった経験が
私も多いです。

今回その答えになりそうな事を書いている
ブログを発見しました!

CIAのスパイマニュアルに学ぶ「会社をダメにする11の行動様式」

これは敵国内のスパイが、組織の生産性を落とすために
考えられた正真正銘のスパイのノウハウらしいのですが

これを読むと日本はあえて生産性を落とすための
工作をスパイにされているんじゃ???
と勘ぐるほどです。(苦笑)

●「注意深さ」を促す。スピーディーに物事を進めると先々問題が発生するので賢明な判断をすべき、と「道理をわきまえた人」の振りをする
●可能な限り案件は委員会で検討。委員会はなるべく大きくすることとする。最低でも5人以上
●何事も指揮命令系統を厳格に守る。意思決定を早めるための「抜け道」を決して許さない
●会社内での組織的位置付けにこだわる。これからしようとすることが、本当にその組織の権限内なのか、より上層部の決断を仰がなくてよいのか、といった疑問点を常に指摘する
●前回の会議で決まったことを蒸し返して再討議を促す
●文書は細かな言葉尻にこだわる
●重要でないものの完璧な仕上がりにこだわる
●重要な業務があっても会議を実施する
●なるべくペーパーワークを増やす
●業務の承認手続きをなるべく複雑にする。一人で承認できる事項でも3人の承認を必須にする
●全ての規則を厳格に適用する

引用:On Off and Beyond

もしスパイが絡んでいないとしたら・・・
日本の国力が落ちてきているのも納得です。

老婆心ながら・・
特にその被害にあっている若い人たちが心配。

この文書からひとつ学べるとすれば
すべてこの真逆にすれば生産性が向上する!
という事でしょうか?

あらためて考えさせられる機会になりました。

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です