ジャケ買いとビジネスの関係


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただきありがとうございます。

音楽のCDもまだ無かったLPの頃は視聴なんて機会はありませんでした。

有名な人の曲なら、かろうじて店内で流れていましたが
新譜それも海外アーティストのマニアックなアルバム
なんて買う以外に聴く方法はなかったものです。

そんな頃はよく「ジャケ買い」という事をしました。

分からない方のために説明するとアルバムの中身
を調べたりせずアルバムのジャケットのデザインだけで
判断して購入するというものです。

あたりも外れも神のみぞ知る!
というものでしたが全然知らないアーティストで
すごく良いアルバムに出会えたり

聴いた瞬間に中古レコード屋さんに売りに行ったりと
スリリングなものでした(笑)

個人的に一番インパクトのあったジャケット

『In The Court Of The Crimson King』
King Crimson

当時のLPは大きくて直径が30cmくらいありました。
ですから素晴らしいデザインのLPのジャケットは
絵画的な存在感があり部屋に飾ったりしたものです。

ジャケ買い以外の方法で良いアルバムを買うには
音楽雑誌でレビューをチェックする事でした。

今でもアルバムのレビューはありますが
当時の情報源は音楽雑誌しかなかったので
自分のおこづかいを使うに値するアルバムなのか?
そのレビューを食い入るように読んだものです。

レビューと合わせて読んだのがそのアルバム作成の秘話とか
アーティストのプロフィール記事でした。

悲劇の過去をもったアーティストや意外な素顔のある
アーティストの場合は楽曲が30%増しくらいに良く感じたものです。

もし、プロフィールがまったく無かったらおそらく
購入しなかっただろうというくらい
アーティストと聴き手を結びつけるのがプロフィールでした。

プロフィールの大事さは今も昔も変わらないです。
ビジネスにおいてもそれは例外ではないです。

ちなみに・・・
あなたのブログやホームページにはあなたのプロフィールのページはありますか?

これだけ情報があふれる時代です。
お客様はただ良いとか安いだけではもう買わなくなりました。

“何”を買うか?よりも
“誰”から買うのか?が重要な時代になったのです。

あなたの情報発信には必ずプロフィールを加えて下さい。
それだけであなたの売上が変わります。

プロフィールの書き方が分からないという方は
この動画をご覧下さい。アメブロ用ですがどんな
メディアでも書き方の基本は同じですので (^_^)

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

e_others_75 新垣覚がインターネットビジネスを学んだ教材はこれだけ。他には要りません!

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です