スマホはすでにオワコンなのか?


こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

今回は「スマホはもうオワコンなのか?」というテーマで考えていきたいと思います。

 

このテーマを採り上げたきっかけは個人的に好きなビジネス書作家のの戸田覚さんと言う方がいます。

 

その方が、ご自身のYouTube動画で「スマホはオワコン」という内容で動画をアップされていたのを観たのたきっかけです。

 

その内容が私にとってはかなり腑に落ちたので今回は、そのことから考えた事をあなたにシェアしたいと思います。

 

時代は繰り返されている

はじめに皆さんご存知かと思いますが「オワコン=終わっているコンテンツ=流行が終わり時代遅れ」と言う意味です。

 

今回のテーマで言えば、「スマートフォンはもう時代遅れ」と言っているという事です。

 

日頃スマートフォンを使っている私たちからすると、スマホはもう時代遅れと言われても、何かピンと来ません。

 

でもビジネス作家として長年、ITガジェットについて書いてきた戸田さんは、かつてオワコンになり時代が変わる状況を何回も目にしてきました。

 

例えばいわゆるガラパゴスケータイがそうです。それまで人々は固定電話が当たり前だった中で最初の携帯電話これはショルダー型でかなり大きいものでしたが、携帯電話はだんだんと発展していきました。

 

そして電話の中にカメラを組み込んだりテレビを組み込んだり・・・と独自の発展を遂げてきました。

 

しかしiPhoneの登場でそれが一変します。次第次第にいわゆるガラパゴスケータイは衰退していきました。気がつけばスマートフォンが全盛の時代になっていました。これはあなたも記憶にあると思います。

 

 

時代の変換機や狭間にいるときは、気がつきませんがこのような事は「歴史は繰り返す」では無いですがこのようなことは繰り返されているのです。

 

携帯電話以外でも・・

少し世代によって違いがあるかもしれませんが、いわゆるコンデジと言われているものもそうでした。10年位前は、レジャーではデジカメを持っているのが当たり前だし、いろんな催し物や運動会などでは、デジカメを手にするお父さんお母さんの姿をよく見かけたものでした。

 

でも今やほとんどの方が、それをスマートフォンで済ましています。もちろんまだデジカメを使っている人も多くいますが、そのカメラは高性能のデジカメという拘りで持っている感じです。以前のインフラとしてのデジカメとは状況は一変してしまいました。

 

ガラパゴスケータイやデジタルカメラの例を見ればわかるように物事には何でも終わりがあります。そしてそれは私たちが意識しないうちにどんどん進行しています。

 

今回採り上げた「スマートフォンがオワコンになっている」という説明はぜひ戸田さんの動画を見ていただくとわかりやすいと思います。

 

ひとつ言えるのはオワコンになるには明確な理由があり、時代の流れの変わり目があるという事です。

 

「スマホはオワコン」からビジネスを学ぶ

しかしこの事から私たちが学ぶ事はスマホの末路ではなく自分のビジネスについてです。

 

先ほどもお伝えしたように、「オワコン=時代遅れ」になる状態は知らないうちに進行していることが多いです。

 

例えば現在のコロナ禍の状況では印鑑やハンコがそうでした。以前からもう印鑑やハンコはいらないと言われてきたのですが、コロナになってその不便さや代わりの方法がいくらでもあるということがわかると、人々は一気に印鑑やハンコを止めるようになってしまいました。

 

ハンコ屋さんには気の毒だなと思いますが、これは紛れもなく印鑑やハンコの時代が終わっているのがコロナで顕在化しただけです。

 

あなたは今までに印鑑屋さんやハンコ屋さんが消えると誰が想像したでしょうか?。しかし既にオワコンであった印鑑屋さんやハンコ屋さんはどんどん姿を消しつつあります。

 

私たちのビジネスも考えてみるとそのような危機な状態にないかということを考えておく必要があると思います。

 

特に、1人起業家や、個人事業主など規模の小さなビジネスをしている人にとっては死活問題になる可能性も秘めています。

 

でも、私は考えようによっては小さなビジネスをしている人は鞍替えすることも比較的に簡単なので今のうちに色々と時代を考えておくと言う事はとても大事だと思います。

 

以前に私が書いた記事で『カメラの写真のプリント屋さんはなぜ生き残ったのか?』という記事を書いたことがあります。一度読んで下さい。

 

写真のプリント屋さんはデジカメが増えたことで一時期その仕事を失いつつありました。でもデジカメが出たことでデジカメと共存するためのいろいろな方策を編み出します。

 

そのためフィルムの現像と言う仕事がほとんどなくなっても生きながらえることができたのです。

 

その写真のプリント屋さんのとった方法と言うのは私たち起業家にとっても参考になることが多いと思います。

 

ビジネスの鞍替えをすることもあるかもしれませんが「共存する」あるいは「反対にの位置になる」などいろいろな方法があると思います。

 

ですから今大事なのは、スマホがもはやオワコンになったということを自分のビジネスに当てはめてしっかりと考え尽くすことだと思います。

 

「技術の果て」という考え方

「スマホまだ大丈夫だ」と言う声ももちろんあります。でも戸田さんがご自身のYouTube動画で語っていた「技術の果て」ということがすごく私には印象に残りました。

 

この「技術の果て」という言葉の意味ですが、例えばスマホのカメラの画素数を考えてほしいのですが、もはや普通に使う分には画素数の違いなど気にならないくらいスマホの写真は綺麗です。

 

日本人の好きなiphoneは写真が綺麗な事が有名ですが画素数は1200万画素です。ちなみに以下のカメラはもっと凄い画素数です。

ASUS ZenFone 6 Edition 30(約4800万画素)
HUAWEI P30 Pro(約4000万画素)
HUAWEI P30(約4000万画素)
HUAWEI Mate 20 Pro(約4000万画素)
HUAWEI P20 Pro(約4000万画素)

 

それぞれを比較してやっと違いが分かる程度です。もちろんプロが見ればその違いがあるでしょう。でもプロ向けに凄いカメラを開発しても数が売れないですし、価格も高価になります。このようなやろうと思えば技術を上げる事は出来るけれどマーケットがもはやそれを要求していない事を戸田さんは「技術の果て」と呼んでいました。

 

これもやはり私たちのビジネスにあてはまる事だと思います。あなたのビジネスの「技術の果て」は見えていますか?

 

ただ単にシェアが少なくなってきたとか、マーケットが小さくなってきたことではなく私たちのビジネス自体の伸びしろや発展がもしかしたらもう終わりに近いと考えることも時には必要かもしれません。

 

その上でどのような方向性を持っていくのか?考える事が私たちの起業家としてのやりがいでもあるし、頑張らければいけないことだと思います。

 

自分のビジネスの「技術の果て」がいつ来るかは正直わからないです。今回のコロナの印鑑屋さんのような事が突然起きるかもしれません。

 

でもアンテナを立ててどこかで自分のビジネスの転換期が近づいている、あるいは近づきつつあると言うことを感じながらビジネスをしていく事はとても大切なことだと思います。

 

まとめ

今、スマホは小学生からそれこそ老人までみんなが使っています。

 

便利さはほぼみんなが理解しているところです。最初は誰でもスマホの利便性を理解できませんでした。

 

私の感覚ではその価値が一般の人まで理解してもらえるには10年位かかったと思います。かく言う私も、妻がiPhoneを買って初代のiPhoneを買ったのにそのずいぶん後になってやっとスマホに変えた位でした。

 

10年経ってスマホの価値が理解してもらったように私たちがもしこれから新しいものを生み出すとしたらそれは10年かかるもしくは10年以上かかるかもしれませんですから今からテストする事は非常に大切です。

 

この商品やサービスの企画力や開発力と言うのは大企業に個人事業は負けると思います。でもフットワークの軽さでそれをいくらでもゼロにすることは可能だと思います。あなたがもし、お客様ならどんなことを望むだろうかどんな不満があるだろうかそういったことを一つ一つ考えて検証していく事は面倒ではありますが必要です。

 

それが必ずあなたのビジネスの発展につながると思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。