起業家のためのビジネスの成長のために行動を止めない方法


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしているとサラリーマンの時とは明らかに違う成長が求められることになります。誤解して欲しくないのですがこれは決してサラリーマンの方が成長していないという訳ではありません。

 

成長がサラリーマンと起業家で違うのは、稼ぎに大きく影響するということです。サラリーマンの時は、語弊を恐れずに言えば、成長していてもいなくても給料がアップダウンする事はそれほどありません。しかし起業家でになると成長の度合いにより自分の稼ぎが全く異なってしまいます。

 

ですから起業家にとっての成長は、自分自身の生活に直結するとても大切なことなのです。

 

しかし、成長するためには行動をし続けなければなりません。この行動し続けるということがとても大変だということを、私は起業家になってから初めて痛感しました。

 

今回は、ビジネスを成長させていくためにも行動をどのようにしたら止めずに進んでいけるかという具体的な方法についてお伝えしたいと思います。

 

明確化する

とにかくなぜ行動しなければいけないのか?と言うことを明確化する必要があります。

 

これはダイエットの例え話をするとよくわかるのですが、ほとんどすべての人が自分がダイエットが必要だと感じていますが、実際に行動に移せる人はごくわずかです。

 

それはダイエットをすることで得られるメリットや目的が明確化されていないからということがあります。また、ダイエットをしないことでどのようなことを失うか?ということも明確化されていないことがあります。

 

 

ですからこの辺をしっかりと明確化することで「なぜダイエットしなければいけないのか?」いう目的についてしっかりと自分自身に落とし込むことができます。

 

ビジネスでも全く同じです。「なぜ成長しなければいけないのか?」と言うことを自分の中にしっかりと落とし込まなければ行動できません。

 

このように目的を明確化することで、ぶれない考え方を持つことになりますのでとても大切なことです。明確化する!これが超大事なポイントです。

 

紙に書き出す

なぜビジネスの成長させないといけないのか?という目的を明確化した次にやる事は、具体的に何をしなければいけないのか?何が足りていないのか?ということを全て書き出すということです。

 

これは言うは楽ですが本当にめんどくさい作業です。ですからほとんどの人がこんな事はやりません。

 

しかし私の周りの起業家や経営者はは定期的にこの作業を着実に行っています。

 

こうする事でやるべきことに集中したり、逆にやらなくていいことを捨てたりということを継続的に行っているのです。

 

 

成長するためにどんなことが必要か?ということをしっかりと具体的に紙に書き出す事は大事ですのでサボらずにしっかりと行ってください。

 

そしてこれも一つのコツなのですが、必ず自分以外の第三者にそのことを話したりチェックしたり意見をもらってください。

 

自分だけでこのようなことを考えると、ついつい自分ができることや、楽な方に流されがちです。できれば起業家の先輩や、コンサルタント等にしっかりとアドバイスをもらうことが大切です。

 

やることの明確化は、適度な行動量をキープするために大切なものです。行動が多すぎてもいけませんし、少なすぎてもいけません。

 

目指すところは自分の目的のためです。成果をしっかり出すためにも第三者のアドバイスをもらう事はとても大切です。

 

視覚化を強化する

具体的に行動を上げることがを書き出すと言うことが大切とお伝えしましたが、これも書き出して終わりと言う人がとても多いです。

 

いかに視覚化して自分の意識を閉ざさずに継続させるかと言うことが行動を止めないために必須の条件となります。

 

その際、決めたことをしっかりと行動し続けるために自分が認識しやすい方法を選択することも大事です。

 

私の場合でしたら、手帳をフル活用していますが、人によってはデジタルツールが張っているという人もいるでしょう。

 

要は自分の行動を視覚化できて常に意識できる方法であれば何でもいいと思います。

 

私の知っている起業家の一人は、家の壁に貼ってあるカレンダーでそのようなことを実践しているという人もいました。出先でどうやってチェックするのか?と言う事は謎でしたが、その方はそれで結果も出しているのでその人にとっては正しい方法と言えると思います。

 

 

行動を途切れさせないために視覚化するときに大切なのは、行動を細くして細分化すると言うことです。例えば、ある資料を作らなければいけない時、「資料を作る」と言うような行動予定を立てると、イメージがわかないばかりか自分自身何をしていいか分からなくなります。

 

そのような時は資料整理のための資料作成のための情報を調べる(ウェブより)、資料作成のためのインタビューをする、資料作成のための本を購入しに行く、など細かくすることが実際に行動することにつながる大切なことです。

 

このように行動を細くしていくと、問題になるのが例えば手帳であればスペースが足りないなどということです。これは行動を細くするときに必ずぶち当たる問題なので、自分なりの解決方法をあらかじめ考えていてほしいと思います。

 

よくあるのが、そのように手帳やデジタルツールに予定を書き込めない(スペースの問題で)と言うことから、行動予定を立てない、あるいは端折ると言う人がよくいます。これは全く以て本末転倒なので絶対にやらないでください。

 

目的はビジネスの成長を続けるために行動することです。決して手帳を使うことやデジタルツールを使って予定を管理するというのが目標ではありません。

 

でも一旦自分なりのコツやペースが掴めるとこの行動を視覚化すると言う事は楽しい作業になります。ぜひ、楽しい作業になるように習慣化してみてください。

 

ご褒美とペナルティーを決める

これもダイエットと似ているのですが、行動を継続するために、自分自身にご褒美をあげたり、逆にペナルティーをつけると言うことも大切です。

 

人は長期的な目標に向かって行動するのはだれでも苦手です。例えば5年後の自分のために、10年後の自分のために行動すると言う事はあまりにもイメージができなくて、なかなか継続しづらいものです。

 

しかし、1週間後ですとか、10日後など直近の事はイメージしやすいです。そんな時に、自分自身にとって少々ハードなことや、未体験のことをクリアしたらご褒美をあげると言う事はとても有効です。

 

ただ、調子に乗って自分にご褒美をあげすぎるという人も多くいます。自分にご褒美をあげる事は決して悪くありませんが、逆にできなかったときのペナルティーもしっかりと合わせて考えることが大切です。

 

ペナルティーといってもあまり厳しいと逆にモチベーションを下げる原因になるので注意が必要ですが、私の経験は、自分自身がモチベーションが高まるペナルティーを設定することが多いです。

 

どのような制限をつけたり、ペナルティーをつけた方が良いかと言うのは人それぞれかなり異なりますので、あなたなりにモチベーションが上がりやすいペナルティーというものをぜひ考えてみてください。そして、自分へのご褒美と抱き合わせにしてしっかりと考えてみてください。

 

実はご褒美はとても大事なものです。できるだけお金も時間もかけないものが1番ですがときには少々お金がかかったり時間をかけるものでも自分へのご褒美として設定することも悪くないです。

 

その時私がオススメなのはできるだけ形が残るものをお勧めします。例えば食べるものだと食べてしまえばなくなってしまいますが、自分へのご褒美で欲しかった本を買ったり、欲しかったファッションアイテムを購入すると、それは者として自分の目の前に残るのでお勧めです。

 

人に宣言する・報告する

ここまで行動を具体化したり継続する工夫をしたら後は仕上げの方法があります。それは自分の決めたことを他人にチェックしてもらい見てもらうということです。

 

例えば、毎日ランニングをすると決めたとします。確実にランニングをしていることを、友人や知人に報告したり、SNSで投稿して「今日はサボろう」と言うような気持ちをシャットアウトするための工夫をするということです。

 

これは本当に強力な方法で、人は自分だけだと楽な方に流れますが、一旦人に宣言して行動を監視してもらうと継続性がかなり高まります。

 

 

 

私はコンサルティングの中で、毎日クライアントさんとコミュニケーションをとることにしています。こうすることで自分のペースに陥ることを避けることができるからです。自分自身のペースに陥らないだけでも、結果を出す確率はぐんと高まります。

 

ネタバラシになりますが、コンサルティングの中で毎日きちんとコミニケーションを交わしている人は間違いなく結果を出しています。しかし、少しずつコミニケーションの頻度が落ち、行動のペースが落ちる人は間違いなく結果を出していません。

 

ですから私としてはサポートしていく中でその人が結果を出す可能性と言うものが大体わかってしまいます。少しでも結果を出してもらうためにさらに負荷問題を深掘りしたり、問題を明確化してクライアントのサポートをするように意識しています。

 

人は放っておけば楽な方に流れると言うのはしょうがないので、どうするか?と言う事は本当に大切なことです。

 

ですから、あなたがビジネスの成長させるために行動を止めないようにするためには、自分以外の第三者も巻き込んで自分の行動をチェックしてもらうことが必須条件とも言えます。

 

よほど強い意志と目標意識がない限り、絶対に1人で成長するための行動をキープする事は困難だと言うことを覚えていて下さい。

 

まとめ

今回は、少し厳しいことをお伝えしたかもしれません。しかし、これは私自身の経験でもあり、クライアント様を見てきた中で気づいた事実でもあります。

 

ビジネスで大切なのは継続性だと思います。ビジネスの成長を継続するのももちろんですが、その他にもビジネスでは継続していかなければいけないことがたくさんあります。

 

特に起業家として経営者であり、マーケターであり、営業であり、経理であると言ういろいろな側面を1人でこなす場合には、継続性が最も大切なことになります。1つでも継続できないとビジネスの存続に関わるからです。

 

それをしっかりと改善できるのが今日お伝えしてきたことです。ぜひあなたの継続性を構築するために実践をしてみてください。

 

わからなかったり、疑問があったらぜひ下の無料個別相談で質問してください。きちんとあなたの疑問を解消します。

 

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

■《無料》個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?