集客するときに絶対に押さえておきたい5つのチェックポイント


 

こんにちは。
10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスを始めると絶対に取り組まなければいけないことがあります。それはお客様を得ると言うことです。

 

 

お客様がいない限りビジネスは成り立ちません。当たり前のことですし、みんなが知っているにもかかわらずビジネスをしているほとんどの人が集客に困っています。

 

コンサルタントとしての私の仕事も集客の悩みに関することが圧倒的に多いです。多くの人がわかっているのにできないと言う事は、とても難しい問題だということが言えるでしょう。

 

今回は私の経験やコンサルティングの中で多くの人がミスをしている集客の際の4つのポイントについてお伝えしたいと思います。

 

誰に向けてのビジネスなのか?

集客がうまくいっていない人の特徴としてまず挙げられるのが、誰のためのビジネスなのかはっきりしていないということです。

 

本人の中ではハッキリしているのかもしれませんが、お客様から見てわからないということです。

 

この前とある有名な社長の動画がインスタグラムで流れていました。内容としては、その社長はこう言っていました。

 

「うちは商品を売ってはいけない」

 

商品を売らない限りビジネスとして成り立たないのでどういうことだろう?とさらに聞いていると、お客様から「売って欲しい」と言わせるということでした。なるほど!見せ方の違いと言う事はありますが、言い得て妙だなと思いました。

 

集客の基本になる「誰に向けてのビジネスなのか?」というのがこの事でハッキリわかると思います。

 

お客様から見てあなたのビジネスがどのように映っているか?でビジネスの結果も見せ方も全てが変わってきます。

 

ほとんどの集客に困っている人が陥っているのが、自分目線でお客様の目線に全くなっていないということです。

 

ですから集客がいまひとつ上手くいっていないという人は必ずお客様から見て「誰のためのビジネスなのか?」明確化してください。

 

自分の中で明確化できていない事はお客様にはまず伝わる事はありません。ですから「誰のためのビジネスなのか?」明確化していきましょう。

 

でも実はこの明確化は本当に難しいです。コンサルティングの中でも人によっては1年かかっても決められない人もいます。

 

予算も多くありたくさんの人も抱えている大企業なら話は別ですが、私たちはピンポイントでお客様にそのためにもあなたが「誰に向かってのビジネスをしているのか?」ということをはっきりと宣言することが必要なのです。

 

例えば、あなたがペット用品全般を販売しているとします。そこで明確化としてあなたが大型犬専門のペット用品店という絞り込みをしたとします。大型犬を飼っている人はなら普通のペット用品屋さんとあなたのペット用品屋さんどちらを選ぶでしょうか?

 

 

これは極端な例なので分かりやすいと思いますが、実はどんなビジネスもそれほどこの話とは変わらないのです。

 

誰のためのビジネスか?はっきりさせるのは、お客様を絞りに絞ると言う事と共通しています。ですから、究極的にはある一定の狭い範囲のお客様像を描くことになります。それがとても怖いと言うのは理解できるのですが、これができているかできていないかで実はビジネスの結果が大きく変わります。

 

ここら辺をうまく消化できている起業家や経営者は着実に儲けています。それほどに大切な要素なのです。

 

何を売っているのか?

何を売っているか?なんて、会社のホームページやチラシを見てもらえば一発でわかるよ!あなたはそう言うかもしれません。

 

でもちょっと待ってください。あなたの売っている商品やサービスは他では手に入らないものですか?ライバルが一人もいないものでしょうか?

 

おそらくそんな事はないと思います。もし、あなた以外から手に入るのであれば、懇切丁寧にあなたが販売しているものをお客様に伝える必要があります。

 

ライバルのお店とモノも値段も全て一緒であっても、あなたの商品サービスとして認知させなくてはいけません。恥ずかしい話なのですが、私もたくさん認知に失敗した経験があります。ある方に、

 

「新垣さんはインターネットでよく拝見しますが、一体どんな商品やサービスを売っているのですか?」

 

と質問されたことがあります。

 

私としては、ホームページやブログ、チラシなどで事あるごとに自分はコンサルタントでこのような人向けのコンサルタントをしているとか、スモールビジネス向きの自分で更新できるホームページを作っていますということを伝えているのですが、お客様は必ずしもそれを知っているわけでは無いのです。私の場合はさらに何をしているか全く理解してもらっていないという状態でした。

これが私の笑い話だから良いのですが、あなたも同じような状況が起きているとしたらいかがでしょうか??これが実はあなたとお客様の間に起きている大きな温度差なのです。

 

ですからあなたは何を言っているのか?常にはっきりと周りに認知してもらう必要があります。ホームページやブログだけでなく、SNSや名刺、チラシとにかくあなたを知ってもらうためのすべてのツールにあなたのやってることを書いておきましょう!

 

どんなメリットがあるのか?

これも伝えるべきとても大切なことなのですが、先ほどもお伝えしたようにあなたとの商品サービスが世界中であなただけが使っていると言う事は無いはずです。必ず何らかのライバルや同業者がいるはずです。

 

 

そんな中であなたがハッキリさせなくてはいけないのはあなたから購入するメリットをはっきりさせると言うことです。

 

そうしなければ有名なライバルにあっという間にお客様を奪われてしまいます。少なくてもあなたはお客様の頭の中で存在しなくてはいけないのです。

 

その際にお客様が選ぶのは「私に少しでもたくさんのメリットがある方」を選ぶと言うことです。値段も同じ、ものも同じなら絶対に少しでもメリットのある方をお客様は選びたくなります。

 

だからどんなメリットがお客様にあるのかはっきりと認知してもらうことが大切です。このようなことを考えるときに、すぐに値下げをしなくてはいけないのか?とか、サービスをつけなくてはいけないのか?という相談をいただきますが必ずしもそういうことではありません。

 

お客様が得られるメリットというのは有形のものも無形のものもあります。それらを全て総合的に考えていく必要があります。

 

例えばわかりやすいもので言えば信頼感と言うものはどうでしょうか?信頼感は目には見えませんが、お客様が商品サービスを購入する際に大切にするポイントの一つです。

 

信頼を得るためにあなたが準備しなくてはいけないこと、日々やらなくてはいけないことがありますよね?このように必ずしも値引きをしたりサービスをつける必要は無いのです。

 

あなたから買う理由をはっきりさせる

お客様が得られるメリットと似ているのですが、あなたから購入する理由と言うものもお客様が購入する大きなきっかけになります。

 

よく昔から「セールスマンは自分自身を売れ」という言葉がありますが、それによく似ています。お客様はメリット、同時になぜその商品サービスを購入したのかと言う自分自身に対しての説明も欲しがっています。

 

 

例えば苦労の末に修行20年で出したお蕎麦屋さんと、フランチャイズのお蕎麦屋さんでは同じ味だったとしてもどちらがあなたの心に触れるでしょうか?

 

お客様はそのような物語を求めています。そしてその物語はあなたから購入する理由にもなっているのです。

 

このようなことをお伝えすると、ほとんどの方が私にはそのような物語はありませんと言いますが私がインタビューしていくと必ず人々が惹きつけられるエピソードがそこにはあります。あなたが気づいていない、もしくは普通と思っていることが実は普通では無いのです。

 

このようなあなたのだけの物語がお客様が購入する理由になります。

 

あなたの物語をぜひ紡ぎ出してください。少し照れくさいかもしれませんが、それがお客様に対してのアピールや、信頼にもなるのです。ちょっと不思議な感じがしますよね。

 

情報発信力

これは集客では必要不可欠な事なので検索すると、いろいろな情報発信の方法が出てきます。

 

実は先程ここまでお伝えした4つのことが上手くできていないとこの情報発信をいくらやっても結果につながる事はほとんどありません。

 

ですから、情報発信についてはほとんどおまけぐらいに思っていて構わないと思います。例えば、どのSNSを使うとか、どんなツールを使うかと言うのは人によって相性や予算などが異なるので一概には言えません。

 

でも先ほどお伝えした誰に対しての商品サービスなのかとかどんなメリットがあるのかとかその商品サービスを購入する理由などがしっかりと決まっていれば後は数稽古です。どんどんいろいろな媒体を使って数をこなしていけばおのずと結果が出てきます。情報発信以前の基礎的なところが積み上がっていないと情報発信をしても効果がないのです。

 

これは先輩の起業家から教えてもらったことなのですが、情報を発信する数字の1と例えますこれに例えば広告を打つ、SNS集客をするなど掛け算をすると1 × 2 = 2になり1 × 3 = 3になります。

 

しかし基礎ができていない状態つまりゼロだったとしたらどうでしょうか? 0 × 1 = 0だし、0 × 2 = 0です。いくらやっても結果が出にくいという理由がこれでお分かりいただけたでしょうか?

 

まとめ

今回はビジネスをしている人のほとんどが悩んでいる集客について基本的な事柄でも絶対に押さえておきおかなければならない5つのポイントについてお伝えしました。

 

あなたはいかがだったでしょうか?これらのポイントは一つがうまくできていなくても全体の結果に影響します。それほど大切なことなのですが本当にみんな適当にやってる人が多いです。

 

一つ一つ丁寧にチェックしてあなたの基礎を固めてください。もし質問等があれば遠慮なく下の無料相談からお申し込みください。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

■《無料》個別相談受付中■
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?