なんでヨーロッパの人は日本人より働く時間が短いのに・・・


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝しております。

サラリーマン時代、私は朝の通勤ラッシュが大嫌いでした。

traffic-jam-688566_640

車通勤だったのですが夜など空いている時間なら
15分位で到着する5kmほど離れた場所への通勤が
朝は1時間弱かかるのです。

マニュアル車に乗っているという事もあり(汗)
この朝の通勤は本当に苦痛でした。

今だから言えるのですが起業を目指したきっかけが
この朝の通勤ラッシュから逃れたい!という事もありました。

現在は朝の通勤ラッシュは私とは全く関係のないものになり
貴重な朝の時間を仕事につかったり、子どもたちとのふれあいに
つかったりしています。

これだけでも幸せ指数が相当向上しました。

起業して時間の使い方は大きく変わりました。
何よりも効率や創造性を重視するので
集中する時に集中してそうでない時間は
自分の好きなように使えるようになりました。

会いたい人に会いに行き、空いている時間に買い物をし
好きな場所で仕事をしています。

と・・・
ここまで書くと抵抗感を覚える人がいると思います。
何を隠そうかつての私がそうでした。

実は・・

時間を好きなように使えるようになった分
“自律” “自立” が必要です。

サボれば収入はなくなります。
家族を路頭に迷わせる事になります。

だから仕事をしている間は本当に集中して
そしてもがき苦しんでいます。
楽しい事より辛い事の方が多いです。

でもその辛いという感情も
“逃げたい”という種類のものではありません。

スポーツがうまくなりたいので筋トレをしたり
ランニングをしたりするあの負荷と一緒です。
やっている時はキツイですが終われば爽やかです。

なぜか?
というと、自分の目的に直結しているからです。

それは
『自分自身の幸せのために』
という目的に向かっています。

サラリーマン時代はそんな考え方は出来ませんでした。
お金のためにやりたくない事や価値観に合わない事も
時にはしなくてはいけませんでした。

それも仕事なので否定はしませんが私は堪えられませんでした。

一度しかない人生です。
悔いのないものにしたい!
そんな欲望は昔からもっていました。

ある記事で
「ヨーロッパの人はなぜ日本人より労働時間が短いのに
 経済的に成り立っているのか?」という記事を読んだ事があります。

ヨーロッパは個人主義なのでますは個人の幸せのために
仕事をするのですが日本では社会的な和を大事にするあまり
個を簡単に犠牲にする風潮があると書いてありました。

私は和を大事にする裏で時間の浪費や無駄な人間関係
が横行していると思います。

意味のない形だけの会議や飲み会、裏表のある人付き合いを
考えたら納得するのでは?

そんな日本的な無駄が効率の悪化やモチベーションの低下
につながり経済の成長を落としているのです。
例えば夏休みの休暇が1ヶ月あるスペインなどは
生産性は日本より高く成長率も日本より高いそうです。

何が言いたいか?
あなたも自分自身をもっと大事にしてやりたいようにやればいいという事です。

そのためには
・会社にいて改革していくか
・起業家になり活躍するか
のどちらかしかないように思います。

でもどれを選択しても正解・不正解はありません。
それすらあなたが決める事だからです。

私は起業して本当に良かったと思っています。
順風満帆ではなかったです。
共同経営の会社の倒産の借金もあります。

でも悩んだり困っている人のサポートをしたり
一緒に経営に取り組んだり、集客したり
webサイトの作成をしたり、カウンセリングしたり
新しいビジネスの企画をしたり・・・

お客様ひとりひとりと正面から関われる事に幸せを感じています。

今、幸せ!と思えば本当にそこから幸せになれる!
という事実を日々感じています。

そんな私にお付き合いいただきあなたには心から感謝しています!

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です