ビジネスに必要な“愛”って何だろう?


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝しています!

数年前から何度も読んでいる
スティーブン・コヴィー博士の書いた
『7つの習慣』という本があります。

IMG_2847

書いてある事をきちんと実行出来ていないのが悔しいですが
事あるごとに読み返しています。

最近、私が本当に痛感しているのが
これからのビジネスは効率重視だけでは成り立たない!という事です。

特に個人事業に求められているものは
大企業や既成品のカバー出来ないきめ細やかさだと思います。

そしてその裏にあるのは“愛”です。
亡くなってしまいましたがロッカーの
忌野清志郎さんがよく

c873e311

“愛し合っているか~い?”
とシャウトしていましたが・・・
まさしくそれが問われていると思います。

さて『7つの習慣』に話が戻りますが
7つの習慣の中には6つの人間関係のパラダイムが書いてあります。

1,Win-Win:自分も勝ち、相手も勝つ。それぞれの当事者が欲しい結果を得ること

2,Win-Lose:自分が勝ち、相手は負ける。相手を蹴落としてなんぼの世界

3,Lose-Win:自分が負けて相手が勝つ。相手が幸せになるならば、自分は常に踏み台でかまわない

4,Lose-Lose:相手が負けて自分も負ける。相手に勝たせるくらいなら足を引っ張って共倒れしたほうがマシ

5,Win:自分の勝ちだけを考える。自分が勝てば相手がどうなろうと知ったことではない

6,Win-Win または No Deal:Win-Winの合意、または取引条件に至らなければ、取引しないことに合意する。妥協するくらいなら白紙に戻す

Franklin Planner Hpより引用

最近ではここで使われているwin-winという言葉も一般的になりましたが
数年前まではビジネス書やビジネスで通じる専門用語でした。(私の印象)

win-win以外の一人勝ちの関係やお互い負ける関係や
自分が勝ち相手は負けるという関係性では
個人事業は上手くいかない!
という事はあなたも肌感覚で分かると思います。

なぜなら?
特に個人事業ではリピートさせる事が至上命題だからです。
そうでなければ常に高い広告費やコストをかけて
新規集客しなくてはならないからです。

でも頭で分かっていても実際には
意識的、無意識に一人勝ちやお互い負けるケースが
後を絶ちません。

私もやっちまいました(汗)
あなたも経験があるのでは?

お馬鹿な私がやっと気付いたのは
やっぱり先ほどの“愛”が欠けているんだという事。

でも“愛”って抽象的過ぎますよね?
辞書で調べてみました。

【愛】あい

1 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「―を注ぐ」

2 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「―が芽生える」

3 ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する―」

4 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への―」

5 キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー

6 仏教で、主として貪愛のこと。自我の欲望に根ざし解脱を妨げるもの。

出典:デジタル大辞泉

意味が広いですよね?まだまだ。
前述の『7つの習慣には』
こんなマトリックスがあります。

we

win-winは高い勇気と高い思いやりが必要だという事です。

そう!
「思いやり」
って愛に直結していると思いませんか?

愛が無ければ思いやるなんて出来ない!
単純な新垣はやっとこのシンプルな事に気付いたのです(恥)

あなたはとっくに気づいていたかもしれませんが
もし・・・
まだお気づきでなかったら共有していただきたいなぁ
と思い今、書いています。

これからはお客様への“愛=思いやり”
が生き残るためのキーワードになります。

常日頃からこの軸を意識していきたいですね!!

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です