起きる事すべてに意味がある事を体験しました


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき感謝しています。

“目の前で起きている事には偶然は無い。すべて必然で意味がある”

色んな本にも書いていますし
私もメンターに言われました。

でもこれを真に受けるには色んな事を理解しないといけないです。

まずは自分自身を信じるという事
そして宇宙の法則という不変の法則があるという事。

私もすべて理解している訳ではないですが
以前よりはしっかりと体感して腑に落ちています。

すると・・

“目の前で起きている事には偶然は無い。
すべて必然で意味がある”
を事実と捉えざるをえない状況にしょっちゅう遭遇します。

leaf-1822973_640

あぁ、新垣もスピリチュアルかぶれか・・・
と言われても全然構いません。
これらの事をスピリチュアルという一言で片付けるには
あまりにも深遠で多角的な世界です。

髪が伸びる、お腹がすく、眠くなる、汗をかく・・・
みたいに自分自身ではコントロールできない事があります。
それが宇宙の法則の一部分である事は間違いありません。

一昨日の11月29日、長年お世話になったグループを退会しました。

仲が悪くなった訳でもなく、嫌いになった訳でもありません。
むしろ心の奥底ではまだこのグループにいたい!
という気持ちも強かったです。

でも、私の心が
“今がタイミングだよ。誠意を伝えて次のステップへ行きなさい”
と伝えていたので・・・

自分でもビックリするくらいの速さで退会の表明と
お礼の言葉をメールしていました。

そのグループもこのような事はしっかり理解してくれる
メンバー達だったので気持ち良く送り出してくれました。

でも・・・
足かけ4年位お世話になっていたグループでしたので
辞めると宣言して飛び出したものの心の中は複雑な心境でした。

私は迷ったり、考え事をする時に必ず行く場所があります。
その日もほとんど無意識にその場所に行きました。

そしてこれからの事や本当に正しい判断が出来ていたか?
少し後悔の気持ちもありモヤモヤした気持ちを整理したくて
ただ歩いていました。

最近はとにかくいつもノートとペンを持って自分の考えや
心の内を紙に書くようにしています。
小一時間ほどその場所で書いていると気持ちもだいぶ落ち着きました。

そろそろ帰ろうと歩いていると一枚の紙切れが落ちていました。

img_3530

その場所はいつも掃き清められていて
ゴミが落ちていないところなのでこの紙切れは目立ちました。

拾い上げたその紙切れを見て私は驚きました。

その日の日付が打ってある紙切れなのですが・・
拾い上げた瞬間にこの数字には意味があると感じました。

28+11+29

は68です。

68の意味をその場でスマホで調べました。

すると出てきたものは・・・

6と8の組み合わせは、物質的な所有が、あなたの生活から去ろうとしていることを示しているかもしれません。自分の所有物を手放すか手放さないかは、あなたの選択です。もしあなたが、マテリアルな生活の中で、何も失ったり売ったりするつもりがないなら、方向性を改めるために、思考を変えることを忘れてはなりません。この数字は、あなたの家や生活を片付け、古いものを捨てることを意味しているかもしれないので、あなたが所有しているものすべての棚卸をしてください。反対に、もしあなたが物質的なものを捨てたり売ったりするつもりがあるなら、6と8の組み合わせは、あなたの決意が成就することと、物質的なものがすぐに売れたり手放せることを意味します。

まさしく手放す事を意味していたのです。
まだ少しだけ残っていた不安や後悔も一気に吹き飛びました。

この話を聞いて偶然と思う方はそれでもいいです。
でもこれを自分のために宇宙が示したメッセージと
捉えるとすべての必然とつながります。

見えないものは無いのではなく
認識するか?しないか?だけの差です。

後日談ですがこの日を境に今まで自分にはなかったチャンスや出会いが起きています。
何かが動き出しています。

この流れをきちんとつかむにはやはり

自分自身を信じるという事
そして宇宙の法則という不変の法則があるという事

をしっかりと出来ていないと始まりません。

以前ならこんな事は恐くて言えませんでしたが今ならハッキリ言えます。

それは私が体験したからです。

あなたはどう思いますか? (^_^)

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ!相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

e_others_75 新垣覚がインターネットビジネスを学んだ教材はこれだけ。他には要りません!

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です