個人事業の商品開発でお客様のニーズを無視していい場面


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただきありがとうございます。

個人事業はアイディアや企画が勝負です。

lightbulb-1875247_640

なぜなら莫大な広告予算がある訳でもなく
贅沢に使える人材がいる訳でもなく
それでもライバルに勝つ必要があるからです。

そんな商品・サービス開発に必要なポイントは
以前レポートにしました。
もう読みましたか?

短いですが大事な事だけをみっちり詰めてありますので
ぜひ、読んでみて下さい。

『個人事業の商品・サービスの開発を失敗しない方法』

*クリックしたらすぐに読めるようになっています。

この中で書いている事は基本的な事です。
何でもそうなのですが基本があります。

何が基本か?分からないと何が例外なのか?
あるいは特別なのか?分からないので
自信がなければまずはレポートをじっくりお読み下さい。

『個人事業の商品・サービスの開発を失敗しない方法』

今回はその例外にあたる部分のお話です。
通常は商品・サービス開発はお客様の欲しいものから
開発していくのが基本です。

でも時には真逆なアプローチをしなくてはいけない事もあります。
どんな時なのか?
今回は音声で解説しております。

e_others_71 今、新しい商品・サービスを考えている
e_others_71 新しい商品・サービスをどのように拡げていくか?迷っている。
e_others_71 これから新しい商品・サービスの開発が必要になると感じている。

などお考えでしたらぜひ参考にして下さい。

必ず、手元にペンとノートをご用意のうえお聴き下さい。
約10分の音声です
しっかりと時間をとってお聴き下さい。

『個人事業の商品開発でお客様のニーズを無視していい場面』

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

e_others_75 新垣覚がインターネットビジネスを学んだ教材はこれだけ。他には要りません!

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です