単位買います(笑)


 

 

こんにちは。
夢実現コンサルタントの新垣覚です。

 

 

「単位買います」
高校の時、教室の後ろ側の黒板にでかでかと書かれていた落書きです。

 

 

洒落が効いていておもしろいなぁと思いました。
その時の噂では卒業ギリギリのA君が書いたとか・・

 

 

A君は確かに超ギリギリだったから
半ば本当の話だろうなぁと思ったりしました。

 

 

bridge-598666_640

 

そして5年の時を経て大学の教室での事
卒業が押し迫る時期・・

 

 

「単位買います」
の文字が黒板に書かれていました。

 

 

おぉ!またまこの文字に出会えた!
時も場所も異なるのにこの文字からみなぎる
想いというかパワーは変わらないなぁと関心したものです。

 

 

かく言う私も未だに大学の卒業がギリギリ出来ない!
という夢を見ます。(苦笑)
必死で追試の勉強をしていたりします。

 

 

本当に単位が買えるなら買いたい!と心から思います。
買える訳はないのに
“いくらだろう?”
とか想像してしまいます。

 

 

留年したら○十万円の学費が必要になるから少なくても
それに近い金額なら考えるなぁ・・
とか現実に考えてしまいます。

 

 

お伽話なのに思わず考えてしまうこの話ですが
これにはどんなビジネスにも共通する事があります。

 

 

それはお客様が財布を開きお金を払う要素です。

お客様がお金を払う時=痛み X 恐怖 X 緊急
という事です。

 

 

この3つがうまく重なるとき、もしくはそのいくつかが
重ならないとなかなか買うという行為につながりません。

 

 

・お客様の反応は良いんだけどなぜか買ってくれない・・
・買ってほしいタイミングで買ってくれない・・
・高価い!と買ってくれない
・本気で欲しいのか分からない
・新製品がなかなか売れない
・同業他社のものは売れている
・値引きしても買ってくれない

 

 

こんな時はお客様がお金を払う状態なのか?
見極める事が大切です。

 

 

もしそのタイミングでなければそれを訴求する、
演出する、気付かせるという事が必要です。

 

 

お客様がお金を払う時=痛み X 恐怖 X 緊急

 

 

けっして煽るという事ではありません。
あなたから見て明らかにそのお客様には必要なのに・・
そんなタイミングがあるはずです。

 

 

適切にそれを伝えてお客様の見えない損失を
事前に避けさせてあげる、という事です。

 

もし本当に単位が買えるなら私は○十万円払ったかもしれません。

 

 

それは留年するという事が

 

(経済的)痛み
(社会に出遅れる)恐怖
(卒業までに)緊急

 

 

が見事に重なったものでした。
芸術的(苦笑)に見事な重なりだと思います。

 

 

でもあなたのビジネスでお客様の購買タイミング
などしっかり分析し、お客様の気持ちを理解したら
事前に買ってもらう施策はいくらでも出来ます。

 

ぜひ

お客様がお金を払う時=痛み X 恐怖 X 緊急
という公式をフル活用して下さいね!

 

 

個人事業で毎月100万円をあげてみませんか?

夢実現コンサルタント新垣覚がお手伝いします♪

 

 

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

 

 

★このブログの更新情報をお届けします★