やらなきゃいけないと分かっちゃいるが出来ない!


んにちは。
新垣覚です。

やらなきゃいけない事はわかっている!!!
でも出来ない!!

そんな悩みを持っている人多いですよね。
かく言う私もそうです。

どうしても気が乗らない時や
やりたくない気分全開!の時があります。

でも、私もあなたも大人(苦笑)
そんなわがまま言ってられませんよね。

特にそれがビジネスの事となると
結構、重大な問題になりかねません。

そこで行動が出来ない時に多くの人が
陥る思考の分析をしてみました。

あなたがどの側なのか?
検証してみるといいと思いますよ。

一例をあげてみたいと思います。

「現在、あなたがビジネスをしていて集客がイマイチうまくいっていない。
でもビジネスでは情報発信が大事。だからブログを書かなきゃいけない」

というタスクがあったとします。

しかし、あなたは一向にやる気が出てこない。

その時、ある人が「アメブロで集客」という有名な本があって
それを読んだらいいよとアドバイスしたとします。

実は、あなたはその本を持っています。
1,2回読んだ事もある。

そしてあなたはこう答えます。

「その本は持っているし、読んだよ」

はい。あなたがコンサルタントなら
この答えをどう感じますか?

“読んだだけでは駄目。実践しなきゃ”
と思うのではないでしょうか?

でも本人はそうは思っていない訳です。

読んだけど合わなかった
読んだけど参考にならなかった
読んだけど意味が分からなかった

ここで完全に抜け落ちている視点は・・・
その本のノウハウを完全に実践しようという
意思がほぼ無いという事です。

ここで結果を出す人の思考は
“少なくても1年続けてみよう”
“1ページ、1ページ史実に実践してみよう”
“結果が出るまでやりきろう!”

といった感じです。

何が言いたいか?
結果が出せない人はいつも受け身なんですね。
全然、自分事ではない。

やる気が出ない時も、どこか他人事のようです。

ダイエットしなければ重大な健康被害が出るくらい
太っているのに「ダイエット必要かな??」
と寝言を言っている人がたまにいますが全く同じです。

やらなきゃいけないタスクは
なぜやらなきゃいけないのか?なんていう理由を
考える段階ではありません。

目的は

・いつからやるか?
・いつまでに終わらせるか?

そんなシンプルな選択肢です。

そしてイメージとして
やらなきゃいけない事を頑張って済ませた時の事を
持つ事は大事です。

脳や潜在意識はその時の事を“快く”感じています。
結果を出す人はその快いイメージを
しっかりと使い上手くやる気に変えています。

そう!
ここがポイントです。

気が乗らない事をうまくやり続けるには
その事をうまくやりきった時の事を
イメージするのが一番です。

無理に、やる気やモチベーションを上げるのって大変ですから。

参考になれば幸いです♪

【無料相談、ご質問フォーム】
新垣へのご意見・ご感想はコチラから

https://ws.formzu.net/dist/S84498067/

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です