ビジネスの結果を出すための簡単でシンプルな3つの方法


こんにちは。
夢実現コンサルタントの新垣覚です。

私は相談やコンサルティングなどで多くの
個人事業主さんに会います。

その中で結果を出している個人事業主さんと
結果を出せていない個人事業主さんの違いを間近で見てきました。

でも意識的に結果を出している人がやっている事は
真似した方がいいと思います。

なぜか?
その裏で膨大な失敗と僅かな成功を彼らが経験した結果だからです。

あなたが同じように大変な思いをしたいなら
話は別ですが・・・

うまくいっている人は

1,うまくいった事をさらに良くして結果を出す
2,斬新過ぎる事はしない
3,既存のお客様にビジネスをしてリピートさせる

シンプルですがこの3つのポイントを意識しています。
でも、新しいアイディアや新しいビジネスを
否定するつもりは毛頭ありませんよ。

結果を出す事にフォーカスしたらこの3つを意識すると
出やすい!という事です。

ひとつひとつ見ていきましょう。

1,うまくいった事をさらに良くして結果を出す

うまくいったのにはうまくいった理由が必ずあります。
逆もしかりですが(苦笑)
でもほとんどの方がなぜうまくいったか?分析しません。
ただ喜んでいるだけで終わらせています。

結果を出している人はここでしっかりうまくいった理由を
分析しています。それが分かれば後はそこに時間を集中する、
お金をかける事でラクに結果が出せるからです。

本当にシンプルな事なのですがやらない方がほとんどです。
という事は・・・
あなたがそれをやれば頭一つリードするという事です。
さぁ、そこまで言われても行動しませんか?

続いては・・・

2,斬新過ぎる事はしない

個人事業主はライバルだらけです。
ライバルと最も差別化しやすいのは自分が斬新である事。
でも客観的になって考えてほしいのですが・・・
斬新過ぎる商品・サービスやビジネスってとっつきにくくないですか?

それだけでかなりのハンデです。
まず理解をしてもらわなくてはいけない!
理解させるのは普通に巷にあふれているものでも難しいものです。

ocha

例えばお茶を売りたいとします。

『NASAが開発した成分調整済み健康お茶』
ってどうでしょう?

悪くはないけど完全に理解できないですよね?
そしてすぐに購買意欲は高まらないです。

『特選ブレンド京都のお茶』
いかがでしょう?
知っている事ばかりです。
新たに理解しなきゃいけない事は無いです。

受け入れ易さは重要です。
斬新さは差別化にはなりますが結果には
つながりにくい事を覚えていて下さいね~。

最後に
3,既存のお客様にビジネスをしてリピートさせる

これも本当に多くの個人事業主さんが誤解しています。
ざるのように既存客を逃がしておきながら一方で
新規客対策に人もお金も時間も投入しているのをよく見かけます。

ざるに水は絶対に絶対にたまりません!
結果を出したいと言っている割には本当に既存客を軽く考えています。

一度、逃げた既存客は二度と戻ってはきません。
これは冷酷な事実です。
いつもお客様はあなたの事だけ見ているではないんです。

コンサルティングの中で
“お客様のアフターフォローしてますか?”
と尋ねるとほとんどの個人事業主様が凍りつきます。

『面倒くさい・・・その気持ちはお客様に伝わりますよ。
気づいていますか?』

そのように厳しいアドバイスをさせていただきますが

あなたがお客様の立場から考えたら100%納得するはずです。
いつもあなたの事を考えてくれているお店と
必要な時だけ良い顔して近づいてくるお店はどちらを選びますか?

今日、今この瞬間からどういう方法でお客様をフォローするか考えて下さい。
もし分からなければ一緒に考えましょう!
それがスピードで結果を出す最短距離です。

ここまで厳しい事をお伝えしてきましたが
結果を出している個人事業主はこれをきちんとやっています。
現場を見てきた私だから言える事です。

1,うまくいった事をさらに良くして結果を出す
2,斬新過ぎる事はしない
3,既存のお客様にビジネスをしてリピートさせる

今日あなたはどれに手を付けますか? (^_^)


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です