起業して失敗しないための4つのポイント


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない凡人起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

もしもあなたが、家族もビジネスも大事にして稼ぎ続ける起業家になる事に興味があるのなら、今回の記事はきっと役に立つ事をお約束します。

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在9年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。あなたも6か月で「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

新型コロナの影響でサラリーマンの中でも起業を考えたり副業を考えたりしてる人が増えてきています。

 

また起業しているけれどもビジネスがうまくいっていない人も多く見かけます。私は起業して9年目になりますがその間いろいろな体験をしてきました。起業サポートもかなりの数を経験してきました。

 

その中でわかった起業して失敗しないためのポイントを今回はお伝えします。ぜひこのポイントを覚えていて失敗の可能性を減らして下さい!

 

いきなり会社を辞めない

これは現在サラリーマンの方に対してのアドバイスですが、やる気満々でいきなり会社を辞める事はしないでください。

 

現在新型コロナの影響が社会に出ているのでいきなり会社を辞める人は少ないと思いますが、勢いで会社を辞めて起業したけれどもうまくいかなくて困っているという人は本当に多いものです。

 

かく言う私もその1人です(恥)半ば勢いで起業したために起業してから本当に苦労しました。そのような経験もあるのでいきなり会社を辞めるという事は絶対に避けてほしいと思います。

 

なぜいきなり会社を辞めてはいけないか?と言うと「生活するお金が続かなくなる」ということがあります。

 

サラリーマン時代は時間を過ごせばお金が入ってきます。たとえサボっても、二日酔いで少々仕事がうまくいってなくても間違いなく給料が入ってきます。

 

しかし起業してビジネスを始めるとそのような夢のような事はありません。ですから生活の為にもいきなり会社を辞めるという事はしないでください。

 

また、サラリーマンの時に、会社を辞めて起業するというのは未知の魅力に満ちています。ですから簡単に言うと甘く考えてしまいがちになります。

 

今のサラリーマン生活よりは起業したらバラ色の人生が待っている!みたいな現実逃避的な考え方が大きくなっていることが多いはずです。

 

そのような時は危険です。先ほどもお伝えしたようにサラリーマンの時は給料がきちんと保障されています。しかし起業してからはいきなり稼ぎ出さなければ生活することができません。

 

ですからバラ色の未来を妄想して会社を辞める事は危険です。実際私が今まで見てきた人の中にもこのタイプは多くいました。

 

夢も未来もないサラリーマン生活よりは一念発起して起業して自分でビジネスをする方が毎日張り合いがあると誤解していきなり会社を辞めてうまくいかず、結局サラリーマンに戻る人もいました。

 

このようなことを避けるためには、まずサラリーマンの時から「小さく始める」ことがポイントだと思います。副業を禁止されている人も多いでしょうが、サラリーマンの時に力まずビジネスを会社にバレないように小さく始める事が大事です。

 

私もサラリーマンとして会社に在籍している時から少しずつ準備を始めていました。匿名でサイトを作ってみて集客の練習をしたり、実際にテスト販売などをしていました。

 

それで少し成果が出たのでこれなら会社を辞めて時間を100%集中すれば絶対にうまくいくという自信のもとに起業したのですが・・・結果としては本当に厳しい毎日が待っていました。

 

ですからいきなり会社を辞めるのではなく、小さく小さくビジネスを始めて、テストを繰り返すと言うことを絶対にやってほしいと思います。

 

その中でうまくいくのか?いかないのか?がはっきり分かるします。やってみることと実際に妄想することではそこまで違うのです。

 

やりたいことから始めない

これもとても大切なことです。一念発起してサラリーマンを辞め起業して自分のビジネスをする!とてもワクワクすることですが、あなたのワクワクとお客様や世間は関係がありません。

 

 

ですからいきなりあなたがやりたいことから始めるのは待った方がいいです。例えば今までの経験やスキルを生かしてコンサルティング業務をしたいと考えたとします。お客様から見れば、いくらあなたが優れた経験やスキルがあっても、ただの素人です。知名度もなければ成果もまだ出ていないはずです。

 

そのような状況でいきなりコンサルタントのようなライバルが多くてしかも難易度の高いことに手を出すのは危険性があります。

 

私がお勧めするのは、あなたが「できること」から始めるということです。先程の例で言えば「コンサルティングもできるよ」と言う人もいるかもしれませんが、あなたが「できること」をもっと細分化してみて欲しいのです。

 

先程の例で行けばコンサルティングと言うのは例えば「話を聞く」「現状分析する」「マーケティング」「集客」「問題解決」などいろいろな分野があります。

 

その中であなたが着実にできることをまず始めてみるのです。私の例で行けば、私はサラリーマン時代から集客を意識してブログを始めていました。ですからブログの書き方やブログの運営の方法はある程度経験済みでした。本当はコンサルタントとしてビジネスを始めたかったのですが、私が選択したのは「できること」でした。

 

例えばブログの開設だったり、ブログの運営方法、ブログの書き方などをらサポートすることから始めました。

 

そこからブログの代行したり、ホームページを作成したり、集客の代行をしたりと、自分ができることを最大限にお金につなげていました。今思えば、初めからコンサルティングをまだ成果が出ていない素人に仕事を依頼する人はいなかったはずです。

 

また違う見方をすると、あなたのできる事と言うのは即お金につながりやすいと言うことがいえます。いきなりあなたのやりたいところから始めるのではなく、それを細分化した上で「できること」からまず市場にテストしてみるということがとても大事です。

 

極端な話をすると、そのように分解したあなたの「できること」にもしお客様がつかなかったり市場が反応しなかった場合はそれよりもっとレイヤーの高い商品やサービスは見向きもされない可能性があります。

 

そのような意味でも確実性を高めるためにやりたいことから始めるのではなく、あなたの「できること」から始めてほしいと思います。

 

どこで戦うのか決める

戦うと言う言葉を見るととても大げさに見えるかもしれないですが、実際起業してビジネスを始めるとライバルや、同業者との戦いの毎日です。あなたが望まなくても、お客様はあなたとライバルや同業者と比較をします。

 

比較をするという事はその中で競争が行われているのです。その競争に勝てない限りはいくらあなたが優れた商品やサービスを提供していたとしても決して購入される事はありません。

 

そのために意識しておくと良いのか「どの場所で戦うか?」ということを決めるということです。どんなビジネスでも、「勝てる場所」と言うものがあります。その場所をどのように加工していくか?というのがビジネスを成功させるための大事なポイントです。

 

 

あなたが勝てる場所を想定せずにビジネスを始めたとしても苦戦するだけです。私の例で言うと、同じ沖縄県のビジネスをスタートしたばかりで、集客に困っている、個人事業と言うキーワードから自分の戦う場所を決めていきました。

 

なぜそのような場所にしたかと言うと、このような個人事業向けのサポートやコンサルティングをしているとは沖縄県では少なかったからです。

 

ですから徹底的に自分の住んでいる沖縄県に特化してビジネスを展開していました。しかし、同業者やライバルも増えてきたり、インターネットが積極的に利用される中で、地域性というのがあまり有利な場所でなくなってきたので、今度は逆にエリアを広げて日本全国を商圏として設定し直しました。

 

結果、沖縄県の人よりは他府県のお客様が増えて、私は自分なりの戦う場所と言うものを確保することができました。

 

しかしコロナになってからその場所もまた変動が始まっています。ですから私もまたこれから勝てる場所を新たに設定をするつもりです。

 

分かりやすい例で言うと、スーパーマーケットが1個しかない場所で戦うか、スーパーマーケットが県内20店舗ある所で戦うか?ではスーパーマーケットでビジネスをしようとした場合に大きな差になります。

 

これは極端な例えかもしれなかったですが、実際に自分が勝てる場所を確保すると言うのは本当に大事なことです。この勝てる場所と言う考え方にはもっと他にもいろいろな要素を組み合わせることができます。それらの組み合わせで自分の勝てる場所をさらに細分化して確保するということができます。

 

これはここでかくと膨大な量になるので、今度無料相談をぜひ利用してみてください。一緒に考えましょう。

 

絶対にあきらめない

かなり根性論になりますが、起業して失敗しないための一番大きなポイントは絶対にあきらめないということです。

 

起業家向けのコンサルティングをしていると気づくのが諦めるのがとても早いと言うことです。

 

例えば集客のためのブログを開設してほとんど更新もしないのに、もう読まれないから諦めるといった愚痴をよく聞きます。

 

ライバルを見れば、そんな人の10倍も100倍もやっているのですが、自分が大変と言うことにフォーカスしてしまいライバルがどれぐらいの量をやってるか見えていないのです。

 

このような戦術というか小さなやることで挫折していると起業してビジネスを成功させるのは本当に難しいと思います。ビジネスとは経営であり経営者はいろいろなことを乗り越えていかなくてはならない仕事です。

 

簡単に諦めたり、できないと言う事はそもそもビジネスをやる資格がないのかもしれません。あなたに失敗してほしくないので少し厳しめにお伝えしましたが、絶対にあきらめないと言う事は本当に大切なことです。

 

 

コンサルティングの中で生き残るためにいろいろなことを話し合い決めていくのですが、結果が出せない人も必ず口にする言葉が、「時間がありませんでした。」です。時間がなかったという言い訳は「諦める」という事の代表的な例です。

 

時間がないということが本当にあるのでしょうか?もしあなたがあることをやったら1回で1百万円あげると言われれば不眠不休でおそらく頑張るはずです。

 

ビジネスでの取り組みも全く一緒だと思います。それが少し結果が出るのが先のことなのでそれがイメージできずに行動ができないと言う事はあると思いますが、時間がないと言う事は決してないと思います。

 

すぐに諦めてしまうのは、めんどくさかったり自信がなかったりすることがあると思うのですが、そもそも自分のビジネスを絶対に成功させよう!という覚悟ができていないことが多いと思います。

 

起業ごっこや、ビジネスごっこならそれでいいと思いますが、もしあなたに家族がいるとしたらそんなごっこに付き合わされていたら振り回されて大変だと思います。

 

ですから起業してビジネスをするからには決して、あきらめる事はしないでください。あきらめなければ必ず成功する日は来ます。後はそれに向かってどれだけ努力を継続できるかと言う事ですので、シンプルに考えれば考えるほどビジネスはうまくいくと思います。

 

まとめ

今回は少し厳しいことをお伝えしましたが紛れもない事実ばかりです。起業してビジネスを始めると苦しいことの方が多いです。

 

でもお客様があなたの商品サービスを購入して喜んでくれたり、リピートしてくれたり、たくさんの人が買ってくれると本当にビジネスをしていて良かったと思うはずです。

 

簡単には味わえないことなので、その喜びを味わえるあなたは本当に幸せだと思います。起業してビジネスを始めると3年以内にはほとんどの人がリタイヤしています。それくらい苦しく苦しく辛い生存競争なのです。

 

でも、悲観しないでください。多くの選択肢の中からあなたを選んだお客様がいるのです。そのお客様のために、また未来のあなたのお客様のために努力する事は決して苦しいことでは無いはずだ!と想像しながら今日も頑張ろうじゃないですか。

 

私はそんなあなたを100%応援します!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【凡人起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。