【自分史】転校生として始まった中学時代


・幼少時代はこちらから

・小学生時代はこちらから

色んな理由もあり私が小学校卒業と同時に浦添に
引っ越しました。

浦添は嘉手納からすれば異国でした。(汗)
まず言葉使いが標準語に近い!それだけでも驚きでした。

wao

嘉手納は中部なまりバリバリでしたから。。。。

引っ越した先は当時、一番やんちゃが多い牧港でした。
でも嬉しい事もありました。

それは小さかったけどアパート住まいになった事!

前のブログでも書きましたが嘉手納の家はトタン屋根の
粗末な家でした。それが幼心にすごくイヤだったんです。
今となっては一軒家だし何とありがたい事か!と思うのですが。

アパートになったのでそんな恥ずかしさもなくなり
普通に友達など人を招待できる!と喜んだ記憶があります。

中学の思い出はハッキリ言って・・・
楽しかった記憶しかないです。

普通なら間違いなくいじめられる転校生なのに
当時のやんちゃな子とうまく付き合えてました。

おかげで他校からのいじめも受けなかった。

当時は牧港小学校、浦添小学校が同じ中学に
通うマンモス校でした。確か・・・13組まであった。

浦添中学はスポーツが強く当時は
そうそうたる成績を出している地域でした。

私は当時はまだ水泳も続けていました。
これまた色んな出会いで首里プールで
県代表クラスの人たちと練習させてもらっていました。

水泳では今でもお付き合いいただいている先輩方もいます。

自分より年上の人が多かったので色んな事を教えてもらいました。

私は泳ぐのが遅かったので水泳自体はあまり楽しめてませんでした。

でも先輩方とおしゃべりしたり過ごした時間が宝物でした (^_^)

そして・・・浦添から首里まで送迎してもらった両親には感謝です。

でも・・・

当時は音楽とバスケットが自分の中で大きな存在になっていました。
本音を言えば心底バスケットがしたかった。

部の顧問からもぜひ来い!と言われてました。
陸上部からもぜひ来い!と誘われていました。

水泳の記録も伸びずキライになりかけていた時期でもあったので
正直、今でもなぜバスケに行かなかったか?後悔してます。

でも水泳の先輩方と過ごす事が大事だったんだろうな。
まぁ、でも過去は変えられないのでしょうがないですね。

中1で友達になった子からバンドをやらないか?
と誘われこれが今でも続く私の音楽のスタートになりました。

彼がギターをやるといったので自然にベースに。
当時レコードを聴いても何がベースの音か分からなかった。

その子でレコードを聴いたりお兄さんにライブに
連れて行ってもらったりと今考えても恵まれていたなぁ。

ベースギターも無理言って買ってもらった。
チャンスをくれた両親には本当に感謝しています。

中3は自分の人生の中でも最高に楽しい1年でした。
仲間、恋愛、遊び、勉強どれも充実していました。

受験は当時の実質の1期生になる沖尚に受かりました。
あの時は自分でも一生懸命勉強したと思う。

中学の中でも席次は真ん中より少し上くらいだったので
今、考えると全体のレベルが高かった中がんばったと思います。

中学を卒業して高校という新しい生活が始まろうとしていました。

【3日間限定募集】

ヶ月間マンツーマンサポート6万円OFFで募集中♪

*次回募集からは値上げになります。

詳しくは→ https://blog.infowave-okinawa.com/archives/716


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です