【自分史】オレ高校辞めるぞ~ 高校その2


・幼少時代はこちらから ・小学生時代はこちらから ・中学生時代はこちらから 

・高校その1はこちらから

高校を辞めたい!
普通高校に転入したい!

そんな気持ちが日に日に高まり、ついに
両親に普通高校への転入を直訴しました。
でもそんな事は認められる訳もありません。

やる気がまったく起きない中、体調に変化が出てきました。
お腹が痛くなるのです。

バス通学だったのですが家から1時間くらいかかりました。
学校に近づくとお腹が痛くなるんです。

便意をもよおし途中で降りて事無きを得る・・・
なんていう事が続くようになりました。

そんな事をしていると当然、学校には遅刻してしまいます。

そしてついにそのまま学校に行かない決断をしたんです。
そう、サボりですね(汗)

その時の心が自由になった感じは今でも覚えています。

嫌な学校に行かないって事はこんなに爽快で
楽しい事なんだ!と。

それからはサボりの常習犯になりました。
今、考えるとメンタルからきた腹痛だったなぁ。

携帯とかスマホも無い時代。
ひとりで日がな街をさまよう・・・
自分の子供には言えない過去です。

それがガス抜きになったのかもしれません。
普通高校に編入したい!という気持ちも徐々に萎えました。

そしてまた(適度に)学校を楽しみそして音楽に
没頭する生活に戻りました。

91

どのくらい打ち込んでたかというと
毎日1日3時間位はベースギターを弾いていました。

テスト期間でも両親が寝静まった中でアンプに
ベースギターをつなぎ必死で練習してました。

時々、母親から「うるさい!」と怒鳴られました。

おかげでかなりベースの腕は上達しました。(^_^)

そうそう、
その頃は中学の友人の紹介で大平高校に通うS君とN君
浦添高校に通うK君とバンドを組んで活動してました。

ギターをしていたS君は今は名古屋にいますが
その後、社会人になっても本当に世話になり
今でも親友とよべる存在です。

02

沖縄尚学高校に行かなければS君たちとバンドを
組む事もなかったし出会う事もなかった。
今思えば人生ってそんな奇跡がたくさんあるんですね!

03

あまりに音楽に集中し過ぎて成績は低迷でした。

さぁ大学受験はどうなるの???


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です