【自分史】泣き虫の幼少期


こんにちは。

夢実現コンサルタントの新垣覚です。

なぜか?分かりませんが自分の人生をふりかえってみようと思ったので

これから少しづつ書いていきたいと思います。

ビジネスネタじゃなくてこめんなさい。

興味の無い方はスルーして下さいね。

私は・・

沖縄県の嘉手納町という場所で生まれました。
東洋最大の米空軍基地があるという事で有名な場所です。

kab

あとはいわゆる“さつまいも”の発祥の地でもあります。
海と河がある自然が多いところで反面、飲み屋も多い
子供の頃から光と影を感じる場所でした。

sai

長男として生まれた私はとにかく甘えん坊でした。
両親が買い物とかで出かけてしまうと1つ年下の妹は平気
なのに私は泣き出してしまうほどの大泣き虫でした。

あまりに泣くものだから保育園はすぐに途中で辞めてしまったほど。
実はその頃の記憶がまだあります。 (^_^;)

自分でも“オレ、イケてない!”と幼心に感じていたからかもしれません。

1歳下の妹はその頃からしっかりしていたです。

今でも自分は長男らしくないです。どっしり感がまるで無いです。

ra

普通の男の子らしくヒーロー物が好きでした。
今みたいにゲームなんて無いからとにかく外で遊んでいたなぁ。
両親に海に連れて行ってもらった事もまだうっすら覚えています。

この自分史がどういう方向に繋がるか分かりませんが

過去を振り返る事なんて今までした事がないので楽しんで書いています (^_^)

最後まで読んでいただきありがとうございます!


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です