ビジネスの調子が悪い時すぐにチェックするべき3つの事


こんにちは。
地方にいても月収60万円実現コンサルタントの新垣覚です。

11月も残り少なくなってきましたね。

あなたのビジネスの調子はいかがですか?

“調子良いよ!”
という方へ

おめでとうございます!
脇目もふらずにこのままガンガンと前に進んで下さい。

“調子わるいわ・・・”
という方へ

今回のブログはそんな今いち、調子が悪い起業家のために脱出方法をお伝えしていきたいと思います。

3つの方法をお伝えしますね。

ビジネスの調子が悪い時にする事その1
■5ステップで考える■

ビジネスの調子が悪いという事は簡単に言えば売上が芳しくないのだと思います。

残念ながら、私たちは誰もiphoneみたいに、文句なしに売れる商品・サービスを持ち合わせていません。

ですから、お客様に「知られる」事は大事です。

でも「知られる」の次はすぐに「購入」にはなりません。

色んな意見や見方がありますが、私は「売上を上げ続けるステップ」は下記の5ステップをイメージします。

1,知って
2,試して
3,買って
4,使って
5,好きになる

特に、売上の芳しくない起業家は

1,知って→3,買って

と2の「試して」を飛ばしている事が多いです。

私のビジネスでは「試して」は難しいですよ・・・という声を聞きますが

「試して」→「体験させて」に変換したらいかがですか?別のアイディアが湧いてくるのではないでしょうか?

あなたのお客様は1~5のどのステップにいるのでしょうか?そこから1つだけステップを上げてもらうには何をしたらいいか?

ぜひ、考えてみて下さい!

 

ビジネスの調子が悪い時にする事その2
■商品・サービスが購入し易い状態か?■

これは、誰でも必ず陥るミスがそれにあたります。

例えば、全然webから注文が入らないのでチェックしたら、購入ページのリンクがおかしくなっていて購入ページに飛べなかったなどがあります。

私もpaypalの決済が暗号キーの定期更新を忘れて出来なくなっていた事がありました。

これらのチェックは意外に大変です。

手っ取り早く解決するひとつの手段として「他人の目を借りる」という事があります。

これは本当に効果的で、あなたが見落とすミスを必ず拾ってくれます。

少々のバイト代を払ってでもあなたのメディアを色々とチェックしてもらうと良いでしょう。

システムのミスだけでなく、ユーザーフレンドリーか?率直な意見をもらうと良いでしょう。

 

ビジネスの調子が悪い時にする事その3
■数字で把握■

ビジネスの調子の悪い時こそ、客観的に判断できる数字に拘ると良いです。

アクセス数に始まり、コンバージョン率や、検索キーワードの数、インプレッション数など色んな数字があります。

できれば、調子の良かった過去と比較してどの数字が落ちているのか?

しっかり把握すると良いです。必ず数字で分かる原因があるはずです。

その意味ではgoogleサーチコンソールや、googleアナリティクスは必須のツールといえるかもしれません。

あなたは数字で理解していますか?

 

まとめ

調子が悪い起業家のために脱出方法をお伝えしていきました
そんな事よりメンタルが参っている・・・

そんな人のために動画を作成しました。

『ひとりで頑張る起業家の気持ちが落ち込んだ時にどうすれば?』(3分の動画です)

 

すぐに使える3つの方法をお伝えしています。ぜひ元気を取り戻して下さい♪

 

【残り枠2名】
起業家のための無料個別相談
↓ ↓ ↓
https://blog.infowave-okinawa.com/cob2

■新垣への質問、メルマガの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。