少ない労力で大きな成果を上げるには?【起業家必須スキル】


 

こんにちは。
10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。
ビジネスは継続する事が大事です。
しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?

私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか?

 

起業してビジネスをしているとうまくいかない時のことを思い出すと、大抵が忙しい時や気乗りしない時ではないでしょうか?

 

仕事なので忙しいのが当たり前ですが、時々なんでこんなに忙しいのに儲からないんだろう?と思った事はありませんか?

 

そのような時は間違いなく、あなたのエネルギーや力を集中できていない状態だといえます。でも仕事なので端折ることのできない・・・そんな悩みがあると思います。

 

今回は特に1人でビジネスをしている人のために少ない労力で大きな成果をあげるにはどうしたらいいか?ということをお伝えします。

 

たくさんのことを長時間やるのは不可能

少ない労力で大きな成果を上げるためには「今やっていること」を見直すことがスタートになると思います。

 

ある人はコンサルタントに相談したり、専門家に分析を依頼したりすることでしょう。でも今回お伝えするのは、あなただけでできる方法になります。

 

 

 

先にネタバラシをすると、少ない労力で大きな成果を上げるには、たった1つの方法しかありません。それは「80対20の法則」です。パレートの法則とも呼ばれていますので聞いたことがある人が多いでしょう。

 

この法則を用いる以外少ない労力で大きな成果を得られる事はできないと断言できます。

 

世の中のほとんどの事象において、結果の80%は、全体のわずか20%の要素が握っていると言われている有名な法則のことです。

 

私も起業前今から10年前からこの考え方を意識して行動してきました。また私のメンターの西田光弘先生は、ビジネスの問題のほとんどがこの法則で解決できるとすら言っています。それくらいに原理原則的に大事なものなのです。

 

おそらくあなたもこの法則を聞いたことあると思いますが、そこまで深く考えた事は無いのでは?

 

とにかく、まず覚えておかなければいけないのは凡人である私たちは、一度に大量のタスクをこなす事は不可能だということです。

 

ソフトバンクの孫社長等は、おそらく恐ろしい数のタスクを毎日こなしていると思いますが、私たちには決してそんなことはできないと考えましょう。

 

それでも膨大なタスクに溺れているとしたら、あなたは自分のことをソフトバンクの孫社長だと勘違いしてると思ってください。(苦笑)少し言い過ぎかもしれませんが、たくさんのタスクを大量にこなすと言う事はそれほどに大変なことなのです。

 

集中!集中!集中!

少ない労力で大きな成果を得たときのことを思い出してください。その時にあなたはまずしっかりと事前に「考えた」のではないでしょうか?

 

逆に闇雲に動いたりすると労力の割には大して成果が得られなかったと言うことが多いのではないでしょうか?

 

闇雲に動くと言う事は場当たり的で、計画性がないともいえます。80隊20の法則は全くその逆です。やることをできるだけ少なくしてそこに集中するという考え方です。

 

このようなお話をすると、力を抜いたり、楽をするのはビジネスではいけないのではないか?と言う方がいますが、あなたが求めているものは何でしょうか?

 

一生懸命やることを求めているのでしょうか?それとも成果を求めているのでしょうか?力を抜くことがずるいと言う考え方は私は捨てたほうがいいと思います。

 

例えばあなたが、自分のセミナーに100名集めなければいけないとします。もし100名を集めないとあなたはビジネスが終わってしまう・・・そのような状況だったとします。

 

その時あなたはどうすればいいでしょうか?いろいろな考え方があると思いますが、まずやることとしてはあなたがとりあえず100人集めるために1000人に声をかけるということがあると思います。

 

でもそれはできる気がしますか?おそらく物理的にも時間的にも難しいと思います。ではこれはどうでしょうか?

 

1人で10名位集められる人20人に声をかけてみる。これだとかなり実現する可能性が高くなりそうじゃないですか?

 

そのように人の力を借りるのは楽をしてるから嫌だと疑問を持つ人もいるかもしれませんが、先ほどお伝えしたようにあなたが何を求めているかです。

 

この100人集めると言う例え話も、80対20の法則を用いれば、あなたの時間も労力も最小限で最大の効果を得られる可能性があるのです。

 

今の例は分かりやすかったと思いますが、その時のポイントは「どうすれば少ない労力で大きな成果を得られるか?」を常に自分自身にということです。

 

少なくてもいきなり場当たり的な大量行動するのは、得策だとは言えません。

 

できるだけシンプルにする

80隊20の法則を使って成果を出している人の行動を見ていると、ある共通点に気づきます。それは「できるだけシンプルにしている」ということです。

 

人間はそもそもたくさんのタスクを一度にこなす事は苦手です。例えば1キロ走るだけなら、それほど難しくありませんが、1キロ走りながらある課題について暗記して、さらに歯を磨く(笑)という3つのタスクが一緒になったら、それを着実に達成できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

 

 

仕事も人生も何でもそうですが、シンプルにする方が着実に成果を出すことにつながります。

 

私はコロナ禍の中であまり運動しない時間が増え、その割には食べる量が変わらないのでどんどん太ってきました。

 

これではまずいと思い「12時間断食」というものを始めました。簡単に言うと丸々12時間食べ物を食べないと言う時間を作ることで胃腸を休めるという事なのですが、これがすごくシンプルなものなので楽々継続できています。

 

12時間食べないといっても、水分を取りますし、朝起きて朝食を食べない代わりに、胃腸を温め動きを活性化させるために生姜入りの紅茶をカップの1杯飲むようにしています。

 

朝起きてまだ眠気眼の中、お湯を沸かして紅茶を入れて生姜を入れる!たったこれだけのことなので、難なく楽々と継続できています。おかげでもちろん痩せましたし、睡眠も深く取れるようになり他にも色々と健康的になりました。

 

これも見方を変えると80対20の法則に従っています。もしここに複雑なタスクや面倒な家庭があるとまず継続することは不可能でしょう。

 

あなたが自分のビジネスに80対20の法則を取り入れようとするならば、まず意識したほうがいいのかこの「シンプルにしたほうが良い」ということです。シンプルにすれば集中するのはたやすいです。

 

集中にさらに集中を重ねるためにもシンプルにすることが重要なのです。

 

定期的に客観視する

80隊20の法則を継続していくにあたって、少し注意することもあります。

 

それは自分だけの視点で考えないと言うことです。他の人から客観的に見ると、まだシンプルにできる要素があったり、もっと簡単にする要素があることが多いです。ですから定期的に自分のやっている80対20の法則を他人にジャッジしてもらうことも大切です。

 

他人はあなたの大変さや、苦労などは大して考えません。ですから思いっきりバッサリとシンプルな提案をしたり、見方を伝えてくることがあります。

 

これはなかなか自分1人でできることではないので、ぜひ他人の力を借りてください。でもその際に、しっかりと信用できる人に相談することが大事です。そうしないとおかしな話になったり、方向性がずれてしまうので注意が必要です。

 

まとめ

今回はあえて80対20の法則の中身については詳しく説明しませんでした。検索すればいくらでもこの法則の情報が出てきます。ぜひご自分でリサーチしてみて下さい。

 

この法則がビジネスにも人生にも本当に大切なものだということが私の10年の起業家生活の中で感じたことです。

 

とにかく何をするにもこの80隊20の法則から考えてみることをおすすめします。それだけで今までになかった視点やヒントがたくさんあることに気づくはずです。

 

私のコンサルティングは、もちろんこの80隊20の法則を取り入れてあなたのやることや考えることを整理していきます。

 

今のご自身のビジネスに悩んでいたり、もっとビジネスを良くしていこうと考えているのでしたら一度お話ししましょう。

 

下の無料相談のフォームからお申し込みくださいお待ちしております。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

【ラストチャンス起業家が広告や最新ノウハウを使用ずに売上を3,7倍にする方法】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数

 


ABOUTこの記事をかいた人

10年続く起業家を育てるコンサルタント新垣覚

今年で起業して10年を迎えました。10年前に貯金ゼロ、人脈ゼロ、資格なしで起業しましたが現在全国にクライアントをもつまでになりました。流行りのノウハウに惑わされることなく基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか?