過去と無理やり決別しなくてもいいんじゃないかな?


んにちは。
新垣覚です。

こうやって読んでいただき本当にありがとうございます!

先日、中学の頃の同窓会がありました。
現在、干支を4巡しています。(^_^;)

その中で感じた事があります。
中学の時にやんちゃだった人が
社会的に立派になった人が多いという事です。

反面、学生の頃の優等生は意外にも
こじんまりしている人が多い印象があります。

人が変わるには大きなエネルギーが必要です。
時にはとんでもない経験が必要になるかもしれません。

でも人は
“変わろう!”
という意思がなければ変われないです。

やんちゃな人達は少なくても
“変わろう!”
という決意を人生のどこかでしたはずです。

“変わる”って色んな変わり方がありますが
基本的には2つあると思います。

「過去を否定して清算して変わる」

「過去も受け止め肯定して変わる」

多くの人は
「過去を否定して清算して変わる」
事を選択しがちです。

これは大きな痛みと苦しみが伴います。
だって自分自身を否定する訳ですから。
過去を意味の無いものと切ってしまう訳ですから。

実は私もそのようにして自分を変えようとしました。

でも辛くて苦しくて頓挫しました。

色んな出会いの中で

“過去はただの記憶の中の一情報にすぎない”
という考え方を教えてもらいました。

一見サバサバした考え方のようですが
本当は過去やまだ来ない未来ばかり
考えずに今を精一杯生きよう!という考え方がベースです。

この考え方がしっくりくるようになってから
無理に過去を自分から切り離すような事はしなくなりました。

そして自然に“今”の自分を受け入れられるようになり
自然に変わっていました。(^_^)

こういう考え方って自転車の乗り方に似ています。

慣れるまではフラフラと運転していますが
一度覚えれば、後は体が自然に動きます。

ですから無理やり過去と決別するのではなく
ユルユルでまずは“今”に集中してみてはいかがでしょう?

mark-516277_640

「過去はあなたを苦しめるものではなく
再度同じ過ちをさせないための情報に過ぎない」
メンターから教えてもらった大事な事です。

あなたにもきっと必要な考え方じゃないかなぁ
と思うのです。

 もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 

●ラインでも無料相談承っています。下のボタンから追加下さい♪

友だち追加数


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です