サバイバルなラーメン業界から学べる事


こんにちは。
夢実現コンサルタントの新垣覚です。

私が初めてラーメンの美味しさに気づいたのが
大学浪人の頃でした。

ラーメンといってもカップラーメンではないですよ。
ラーメン屋さんで食べるちゃんとしたものです。

今でこそ沖縄はラーメン屋さんが多いですが
当時は今と比べると少なかったです。

そんな事もあり中高生の頃に気軽にラーメン屋なんて
感じはなかったです。

大学浪人の頃、自動車の運転免許をとりたてて
家の車を借りて夜に友人と食べに行ったラーメンの
美味しさが私のラーメンの原体験です。

思い出深いそのラーメン屋さんは・・・・
もうありません。
ずいぶん前に倒産しました。

夜中でも並んで食べたほどの有名なラーメン屋さんでした。
そのラーメン屋さんに限らず有名ラーメン店が潰れたという話はよく聞きます。

日本で1年で新しくオープンするラーメン屋は約3600店。
そして・・・
1年で潰れるラーメン店も約3600店とほぼ同数なサバイバル状態。

一体何が生死の差を分けるのでしょうか?
そのヒントになる記事が東洋経済オンラインの記事にありました。

採り上げられたのはあの有名なラーメン屋さん
九州は博多からスタートした「一風堂」

1pu

一風堂は1店舗あたりの売り上げが業界トップクラスです。
なんと!1日に5万人も来店があるそうです。テーマパークみたいですね!

その人気は日本だけにとどまらず、12カ国・地域に55店舗を展開しているんす。

その一風堂のラーメンの人気がこれだけ続く秘密ですが・・・
一風堂の主力メニューは豚の臭みを除去したマイルドな味の豚骨ラーメン。
そして、この味は実は・・

この30年間で実に20回以上も変えているという事なのです!

これってものすごいチャレンジだと思いませんか?
下手したら固定客はリピーターを失う可能性もあります。

でも一風堂の根底にある理念「変わらないために変わり続ける」
に基づいて変化し続けているとの事でした。

でも変化を恐れるな!って口で言うのは容易いです。
でも実際は恐れ過ぎて全然変われないものです。私もそうです。(^_^;)

でも私なりに変化を自分で創り出す方法をこれまで体験してきました。

それをご紹介したいと思います。カンタンですよ~。

いつもやっている事を紙に書き出します。
そしてそのいつもやっている事を違う方法で試してみるのです。

カンタンでしょう?

blog-970722_640

例えばブログでキャンペーンを告知していたのなら
チラシやあえて違う方法をやってみるという事です。

一風堂のように大胆な変化ではありませんが
あえて自分の常套手段を捨ててみるという事は
変化の練習の一歩になります。

慣れていない事や新しくする事はものすごく違和感があります。
でもその違和感はけっして悪いものではありません。

この壁を乗り越えられるか?
小さいけれど大きなこの壁をいかに軽やかに超えるか?

それはそんな小さな変化を積み重ねていく事にあります。

コンサルティングしていく中で初めての行動をお願いすると
ほとんどのクライアント様が難色を示します。

でもここでソロリソロリと変化の選択をした方は
確実に変わります。その時は結果がでなくても変化に
体が慣れていきます。

この差は大きいですよ!

3ヶ月前にやっている事と今やっている事を比較してみて下さい。
ひとつでも新しい行動は増えていますか?

ご自身でしっかりチェックして下さいね!

新垣のコンサルティングはこのあたりの変化を
あなたに無理のないように一緒に考え一緒に歩みます。

もし“進んでいない感”があればぜひ一度お話しましょう。
まずは下の青字の無料相談をご利用下さい。

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です