あなたの強みは使えない?


こんにちは。

夢実現コンサルタントの新垣覚です。

個人事業でやっていくうえで“強み”って必要だといわれています。
でも強みって何でしょう?

辞書を調べると

【強み】

強いこと。強さの度合。

と書いてありました。(weblio辞書より引用)

強さの度合いという事は段階があるという事ですよね?

あの人と比較したらこのへんで・・・
この人と比較したらあのへんで・・・
みたいな。

0fbb009e6cc1ed6c98633358bc6e9e62

強みってある意味ランキングみたいなものです。
目には見えないけど順位がある。

個人的にはそれってどうなんだろう?
といつも思います。

売上げランキングとか人気ランキングなら
そんな順位があっても良いですが

ビジネスでそんな順位的な強みは無駄だと思います。

無駄とは言いましたが強みというか特徴は必要です。
そうでなければライバルの中に埋もれてしまいます。

けれどもよく“強み発見セミナー”とか“強み発見ワーク”
なんていうのがよく行われています。

それで自分の強みって何だろう??
と考えこんでしまう訳ですがここに落とし穴があります。

特徴=強み

ではではないのです。

ビジネスにおける特徴は順位ではありません。

強みと似た概念で使われるのが“能力”という言葉です。

ここを混同するので他社と比較した順位みたいな考え方をしてしまうのです。

ここで比喩をお伝えしたいと思います。

“強み”と“能力”の違いの比喩です。

sm

強みはスーパーマン。
能力はスパイダーマンです。

spm

なんじゃそりゃ??
と思わないで下さいね。

スーパーマンはスーパーマンの星で生まれたヒーローです。
お父さんもスーパーマンだしお母さんもスーパーマンです。

対してスパイダーマンは主人公が放射能グモに噛まれて
特別な能力を授かります。

同じスーパーヒーローですが
スーパーマンは生まれながらにもっている特性。

スパイダーマンは後付けで得た特性です。

生まれながらにしてもっているものが強みです。
後付けで得るものが能力なのです。

能力は他社にすぐに真似されます。
資格、社員、道具、資金、商材、環境・・・・

でも強みはカンタンには真似できないものが多いです。
それはあなたの内側から自然に出てきているものが多いからです。

ビジネスで他社への差別化やいわゆるUSPを見つけるには
この視点から集めた強みにフォーカスすると良いものが生まれます。

この強みを活かしてお客様に約束出来る事はありませんか?
能力の軸ではあなたらしい強みからビジネスを眺めて下さい。

そうすれば長く続くビジネスを構築し易くなります!

とは言ってもなかなか自分の強みと能力を把握するのは難しいはずです。

でもそれを理解しなければライバルとの不毛な競争に
突入してしまうリスクがあります。

もし分からなければ一緒に考えましょう!
必ずあなたの財産とエネルギーになります。

対面、スカイプでも対応しています。
まずは無料相談で一緒に考えてみませんか?

下記青地のフォームよりお願いします♪

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

 


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です