断捨離は物だけではありません


こんにちは。
新垣覚です。

今、私の周りで断捨離が大ブームです。
今朝も私のメールボックスには断捨離についての
メルマガが3通も入っていました。

断捨離って社会的ブームになった時期もありましたが
あなたはこの言葉の意味分かりますか?

【断捨離とは】

不要なモノなどの数を減らし生活や人生に
調和をもたらそうとする生活術や処世術のことです。
元々はヨーガの行法だそうです。

・断=入ってくる要らない物を断つ
・捨=家にずっとある要らない物を捨てる
・離=物への執着から離れる

*wikipediaより引用

“捨”はよく分かりますよね。掃除(笑)
断捨離といえばこのイメージなのでは?

年始年末の大掃除のノウハウ特集などで採り上げられる断捨離
はこのあたりに着目していますよね。

でも大切だけど難しいのは“断”“離”だと思います。

ず“断”ですが
自分に必要なものかのか?不必要なのか?
判断できなければ入ってくる要らない物を断つ事はそもそも出来ません。

自分自身の軸がきちんと立っていなければ
無理な話です。

“物”と書きましたがそれは“事”かもしれません。

あなたにとって都合の良い話に見える甘い誘惑も
不必要な物かもしれません。

儲け話や色話がそうです。
そんな話に一度乗ってしまうとアウトです。

match-692892_640

だから入ってくる前に断つ!
これが大事になります。

私も最近あったのですが本当に甘いおいしい話で
あやうく飲み込まれそうになりました(汗)

一度、乗りかけたのですが途中で捨てました。
おかげで被害ゼロです。

ぜ出来たのか?
事の詳細は書きませんが・・・・
今は意識して自分のやりたい事に
正直に向き合っているので違和感をすぐに感じられるようになりました。

このあたりが自分の軸が立つ事に繋がっていると感じています。

に“離”ですが
『離=物への執着から離れる』
これが最高に難しいと感じています。

ただ考えないようにするとか、意識しないでおく
とは訳が違うからです。

これは最近、私自身が実践している中で感じている事です。

見ない・考えない・意識しない
と一見、“離”を実現しているように見えます。
でもそれはただ単に自分と向き合う事を放棄しているだけの事。

執着とは自己保身が強く働いて状況や物事に必死にしがみついている状態です。

自分自身に向き合い対話をしなければ執着って剥がれないです。

そのために1番必要なものは
ありきたりと思うかもしれませんが・・・・

『自分を信じる事』だと思います。
それがスタートです (^_^)

本当の断捨離は物や者や事柄に対してではなく
自分自身に対して行うもの。

断捨離を実践中の新垣はそう思います。

【気の合うパートナーや仲間でワリカンで売上アップしませんか?】
https://blog.infowave-okinawa.com/archives/612 

【ホームページ作成無料&マンツーマンコンサル】
https://blog.infowave-okinawa.com/archives/856

もしお悩みでしたら一緒に考えてみましょう!
アドバイスしますよ (^_^) 相談は無料です。
お問い合わせ/集客無料相談はこちらから

★このブログの更新情報をお知らせします★


 

 


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です