起業家がビジネスでSNSを使う時に思い出して欲しいこと


 

こんにちは。
サラリーマン時代よりも稼げていない起業家のためのコンサルタント新垣覚です。

 

「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業し現在8年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。その経験と個別サポートで「ゼロスタートの起業家」を「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に大変身させます!

 

ビジネスにおいてSNSは必要不可欠なものになってきました。私自身SNSからも集客しており日々SNSの影響力を実感しています。

 

個人的なお話をすると、今コンサルティングのビジネス以外に非行型少年のサポートをする一般社団法人を運営していますが、その時の仲間は最初、SNSで出会いました。

 

最近ではSNS以外にzoomなどのオンライン化の仕組みもあり、時間や場所を超えて交流する事が簡単に出来るようになりました。今回は起業家がビジネスでSNSを使う時に思い出してほしい事についてお伝えしたいと思います。

 

 

いいね!やフォロワー数は大事だけど

SNSは面白い機能がついています。それは自分の投稿したものにリアクションが分かるという事です。SNSによって呼び名は違いますが

 

・いいね
・リツイート
・フォロー
・シェア
・メッセージ
・コメント

 

のようなものです。自分が自信をもって投稿したものが多くの人から、いいね!されると飛び上がりたくなるほど嬉しくなります。

 

そして、フォロワーや友達になってもらい「つながり」が出来る。これがSNSの醍醐味だとも言えます.

 

でも、少しだけ考えてほしいのですが、SNSとはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、ソーシャル(社会的な)ネットワーキング(繋がり)を提供するサービス、という意味になります。あくまでもビジネスの繋がりではなく社会的な繋がりというところが原則になります。

 

 

ですから、まずは色んな人と「交流」することが大事です。自分の投稿はもちろん、注目してもらいたいはずですがそれ以上に「交流」する事が大事なのです。

 

 

交流を辞書で調べるとこう書いてあります。

 

【交流】
異なる地域・組織・系統に属する人や文物が互いに行き来すること。

三省堂 大辞林より

 

互いに行き来する事がSNSでは重要なのです。つまり簡単に言えばあなたから先に挙げた

 

・いいね
・リツイート
・フォロー
・シェア
・メッセージ
・コメント

 

アクションをどんどんやる事が重要なのです。

 

リアルで考えるとよく分かると思います。初めて会う人が自分の話ばかりで、あなたの目を見ないばかりかちっとも話を聞いてくれなかったらどうでしょうか?

 

SNSでも全く同じで、そんな自己中な人は無視されます。自分がもしいいね!などの反応が欲しいのならまずは自分から交流する事がとても大事です。

 

ビジネスでSNSを活用されようとしている方はこの事を忘れがちなので、時々は思い出してほしいと思います。

 

 

SNSの本質からそれないようにする

さきほど、SNSで大事なのは「交流」する事だとお伝えしましたが私はSNSは 

 

交流=相手を理解する

 

事だと感じています。今この時代は誰でも情報発信が出来るようになりました。逆に見れば誰もが何か言いたい事や表現したい事など、他人に「理解」して欲しい事があります。

 

自己啓発の名著である「7つの習慣」の中にある「第5の習慣」は『まず理解に徹し、そして理解される』というものです。

 

共感には5つの段階があります。

 

①無視する

②聞くふりをする

③選択的に聞く

④注意して聞く

⑤共感による傾聴

 

真の共感は⑤番目になりますが、理想はこのように共感して傾聴する事ですが全ての人のSNS投稿をこのようには不可能です。

 

ですから少なくても③選択的に聞く、④注意して聞く事を習慣にするだけでもあなたの共感力は高まると思います。

 

①無視するは論外ですが、②の聞くふりをするも相手にすぐにバレるのでそれくらいなら無視する方がまだいいのかなと個人的には思います。

 

SNSの本質として

交流=相手を理解する という事をぜひ覚えておいて下さい。

 

そして、ここまで読んで気づいたと思いますが、交流を本気でしようと思ったら大人数相手には出来ません。起業家はSNSだけやるほど暇ではないからです。

 

ですから、本気で交流したい人と積極的に交流する事をしっかりと意識して下さい。例えば、一時期Facebookで友達の上限5000人を集める事がノウハウとしてありましたが、こんなに多くの人と交流なんて出来ません。

 

このモデルが機能するのは、そもそも有名な人などです。無名人がこのやり方をしても無意味です。数の誘惑に負けそうになる事もあると思いますがフォロワーの数の前にまず交流する事を忘れないで下さい。

 

 

ビジネスで使う最重要項目

SNSを活用して起業家のあなたが伝えるべき事は『想いを伝える』という事です。商品やサービスを伝えるのではなく「想い」を伝える事が大切です。

 

スマートなものよりも、等身大のあなたの想いを伝えるが重要です。現代の人は人の「ウソ」を微妙に感じられるようになってきています。

 

ですからキャラを作ったり、本来のあなたでない発信をすると意外にも気づかれるものです。少々口説くてもいい、少々アツ過ぎでもいい、少々カッコ悪くてもいい、そんな等身大のあなたをぜひ出してほしいと思います。必ずファンができます!

 

「想い」と合わせて「コンテンツ」を重視する事も大事です。人はセールスされるのが嫌いです。自分で自己決定したいのです。ですからセールスを感じさせずに価値を伝えていく、想いを伝える事が大事です。

 

このあたりの微妙な塩梅は以前に「起業家は今こそお客様の声を聞こう」という記事で詳しく書きましたので是非参考にして下さい。

そしてSNSをビジネスに活用するうえで注目したいのは、いいね!の数よりもコンバージョン率です。

 

例えば、あなたのブログ記事をSNSにシェアした際の、いいね!の数ではなく実際にそのSNSからどれくらの数の人がブログを読みに来てくれたか?という事です。

 

人は、よほど興味が無い限りリンクをクリックしてブログをわざわざ読みには行きません。つまりこの「反応」がビジネスでは大切なのです。

 

いいね!は義理や勢いでポンポン押してもらえます。ですから本当に注目すべきはコンバージョン率つまり反応です。

 

コンバージョンを測るには色んな方法があるのでもし分からなければ、このブログの下にある質問フォームからお気軽に質問して下さい。

 

 

まとめ

インフルエンサーとよばれる人が注目されています。少し前ならインフルエンサーと言っても誰も分からずに「インフルエンザ?」などと聞き返されたものですが、最近では普通の言葉になっています。

 

インフルエンサーとは影響力のある人の事を指しますが、例えばInstagramでは何万人もフォロワーのいるモデルさんなどタレントがゴロゴロいます。その人たちに、広告として商品サービスを紹介してもらうだけで、どんどん売れます。

 

インターネット広告よりも勢いがある事もありましたが最近少し風向きが変わってきたようです。新型コロナ禍の中、インフルエンサーを通した反応が以前とくらべてずいぶん低下しているようです。これが一時的なものなのか、これからの流れなのか?は分かりませんがビジネスでのSNSの使われ方もこれから変化するかもしれません。

 

でも、今回お伝えしたように

SNS=交流=相手を理解する

 

という原理原則は変化しないと思います。ですからこれをきっちり守っていけば少々のトレンドに振り回される事はありません。ぜひ、基本をしっかり守りSNSを活用していきましょう!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

毎月先着3名様 / 起業家のための特別無料個別相談】
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://blog.infowave-okinawa.com/2020

■新垣への質問、ブログの感想はこちらから■
https://ws.formzu.net/fgen/S84498067/

 

 

●ブログでは出せない秘密情報や優良案件をLINE@で提供しています。登録頂いた方に「集客方法30」という無料電子ブックプレゼントしています。下のボタンからご参加下さい♪

*必ずメッセージかスタンプを返して下さい♪

友だち追加数


ABOUTこの記事をかいた人

凡人起業家のための夢実現コンサルタント新垣覚

自身が「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」で起業したが今は全国にクライアントをもつコンサルタントに成り上がった経験から凡人起業家を「お客様から選ばれ稼ぎ続ける起業家」に変える事がミッション。