【自分史】高校卒業~浪人時代


・幼少時代はこちらから ・小学生時代はこちらから ・中学生時代はこちらから 

・高校その1はこちらから  ・高校その2はこちらから

バンドに打ち込む高校生活もまもなく終わり。

数学がまったく出来なかったのでこれまた
両親にお願いして私立大学の受験をさせてもらいました。

親父が私大卒なのでそこは理解してもらい易かったかもしれません。

日大、専修大、中央大、法政大を受験しましたが
ことごとくダメでした。(^_^;)

でもひとつだけ収穫がありました。

しょうもない事かもしれませんが・・・

一人で上京して1週間ほど滞在して入試をこなしました。

そのために受験するので少しでも安いホテルを
自分で探しまくりました。

今みたいにネット検索なんて無い時代です。

サラリーマンが出張などで使うビジネスホテルの
本を買ってきて受験する大学などの交通状況も
調べ泊まる場所を決めました。

受験会場に行くと親が同伴で来ている人が
多いのは心底驚かされましたが・・・
反面、沖縄という田舎から出て自分でどうにか
受験期間をクリアできたのは自信になりました。

上京しても一人でやっていける!という小さな自信になりました。

趣味で言えば高3になぜか自伝車のロードに凝りました。
通学を自転車で行ってたくらいです!

IMG_2109

その頃はもう高校を辞めたい病も克服してたんで
お腹も丈夫になっていましたので(^_^)

そして・・・
予定通り浪人生活が始まりました。
沖縄尚学高校だったのでそのまま尚学院予備校
に通う友達も多く塾はさながら高校の教室のようでした。

でも他校の生徒や浪人生もいるので
やはり高校よりは緊張感高く過ごせました。

でもここでまた人生に大きな影響を与えるものに出会います。

IMG_2108

自動車です。

沖縄は自動車が無いと本当に不便なので高校卒業後
すぐに運転免許証をとるのがほとんどです。

私も予備校に通いながら運転免許証をとりました。

元々、スーパーカー世代。
すぐに自動車にのめり込みました。

ウチは父も母も運転免許証をもっていたので
クルマも2台ありました。

というか、自分の免許取得と掃除に増車してもらいました(^_^;)

当時は若者に人気のあったスターレットです。

クルマ好きには通称KP61とよばれる
後輪駆動車です。

今は前輪駆動車ばっかりになりましたが
当時は小型車も後輪駆動車があったんです。

若い方には驚きでしょうね。

浪人生でお金も無いのでタイヤを換える事もできず
タイヤはけっこうツルツル。

加えて後輪駆動車なので普通の路地でも
スピードを出してもいないのに後輪がズリッと流れます。

今で言うドリフトです (^_^;)

普通に走っていてドリフトするので運転はずいぶん上手くなりました。

後々の事になるのですが東京の外車ディーラーに勤務した時
ものすごい大雪に見舞われた事があったのですが
滑りながら走るのに慣れていたので平気でした。

生活のためにとった運転免許証ですが
塾にもたまにクルマで行く事がありました。

当然授業は真面目に受けていません。
自分の意思で好きな所に行ける初めての自由を
19歳の若造が我慢できるはずもありませんでした。

とにかくクルマを運転する事が好きで冗談ぬきに
タクシー運転手になろうか・・考えた事もあります。

浪人で音楽を少し休んでいた分
クルマのある生活は私にとって本当に楽しいものでした。

当時は夜な夜な暴走というよりは今のドリフト族みたいに
走りに行きました。

少しでも上手くなりたかったです。

今度は寝ても覚めてもクルマです。
本当に勉強のキライな男だったと今でも思います。

こんな事で大学受験大丈夫でしょうか?
ウチは1歳下に妹がいたので私の二浪はありえない選択でした。

浪人時代はまだ続きます。


coconara

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です